調整された文の定義

調整文は、複合文の一種です。つまり、2つ以上の動詞形式で構成される文です(動詞が1つしかないものは単純な文です)。

複合文には、調整、従属、並置の3種類があります。

調整された文は、それを形成する部分が同じ構文レベルを持っている文です。言い換えれば、各命題は独立しており、相互に依存していません。このように、各命題または文の一部はそれ自体で意味があります。この状況は、調整された文に限定され、文の一部である命題の従属関係が存在する従属文または並置文の場合には発生しません。

すべての調整された文には、リンクとも呼ばれるいくつかの結合要素があります。最もよく知られている助詞またはリンクは次のとおりです。and、or、nor、e、しかし、それ以上、など。

調整された文のクラス

それらを結合するリンクのタイプまたはそれらの意味に応じて、これらの文は次のように分けることができます:コピュラ、選言、敵対、分配および説明。

-コピュラ文は、正または負の意味で、2つの部分の合計または和集合を表す文です。「私の友達は背が高く、私の姪は背が高い」と言えば、それは前向きな組合になるでしょう。それどころか、「私の友人は歌わず、私の叔母も踊らない」というのは、否定的な意味での結合の例です。

-選言的文は、2つ以上の可能性を提示する文です。例は次のようになります:「ここに来るか、行くほうがいい」。

-敵対的な文は、それらを形成する命題の意味で反対を表明するものであり、それらの特徴的な結びつきはしかしです。2つの簡単な例を見てみましょう:「あなたは自転車に乗るのが好きですが、頻繁に乗ることはできません」、「私はあなたに手紙を書きたいのですが、私は決めることができません」(この場合、リンクはより文化的な方法ですだが)。

-分配文は、反対されない交代を示します(「ある人は来る、他の人は行く」または「私と一緒に行く、よく行かない、あなたは素晴らしい時間を過ごすだろう」)。

-説明文は、一方の命題がもう一方の命題の意味を説明する文です。「早く起きた、つまり早く起きなかった」と言えば、別の文型を明確にする文の一部があります。