価値判断の定義

判断とは、誰かが何かまたは誰かについて行う意見、意見、または評価であり、通常、人は何かが良いか悪いか、それが正しいか間違っているか、信頼できるかどうかを判断します。もちろん彼の見解。

個人特性の影響

一方、価値判断は、人が何かまたは誰かについて行う評価に他ならず、それは彼らを彼らのアイデア、個人的な価値、経験、信念および特定の環境にさらした結果です。

つまり、人々は特定の状況で生まれ、成長します。それはもちろん、私たちの個性、世界の他の地域を認識する方法などを形作るでしょう。そして、これは、各個人が他の個人とは異なり、まったく反対の状況で生まれ育った個人とははるかに異なることを生み出すことに加えて、事実と人々の判断方法に影響を与えます。

私たちが非常に保守的な家庭で育った場合、娘が結婚せずに彼氏と一緒に暮らすことを決心したことを、良い目でよく見ることができません。あるいは、私たちが常に非常に宗教的なサークルに囲まれている場合、私たちは確かにカトリック宗教の観点からすべてを評価する傾向があります。たとえば、特定の事実を受け入れるか拒否するときは、その教訓に導かれます。

価値判断は主にアイデア、決定、行動に関連しており、良い、悪い、役に立つ、または役に立たないと見なされます。

真実に対する主観性の優位性

しかし、私たちが言ったように、価値判断には基本的で非常に重要な主観的負荷があり、それが誰かが発するその判断はそれに基づいて考慮されなければならない理由です。 、経験と環境。

私たちが言及するこの状況は、特に誰かが何かまたは誰かについて行う価値判断が確かに悪いまたは非難され、それが当てはまる人に影響を与える場合に考慮されるべきです。多くの場合、私たちが言ったように、それは非常に個人的な感謝によるものであり、それは真実や一貫性から完全にかけ離れているかもしれません。

したがって、私たちは今述べたこの側面を考慮に入れなければならず、誰かが人生について持っている非常に特別なビジョンだけである価値判断に屈してはなりません。