音声回路の定義

人間は、明確で複雑な言語を持つ唯一の動物種です。私たちは、単純な叫びから始まり、スピーチで終わる長い進化の過程の結果としてコミュニケーションを取ります。

話すという行為はいくつかの観点から分析することができ、そのうちの1つは、コミュニケーションをさまざまな要素が一緒に介入するシステムとして理解することです。コミュニケーションの体系的モデルを参照するために、音声回路の提案を使用します。

音声回路の要素

すべてのコミュニケーション行為には、発行者、つまり何かを言う主体がいます。同時に、送信者から情報を受信する個人である受信者が介入します。送信者と受信者の間で、多かれ少なかれ複雑なメッセージが送信されます。

送信者、受信者、メッセージ間のリンクは、特定の言語のコンテキストで発生するため、意味を獲得します。私たちが言う言葉は、コードとして知られている記号のシステムの一部です(2人の話者が同じコードを使用している場合にのみ正しく通信します)。

ラジオ、テレビ、マスコミ、新技術など、送信者と受信者がお互いを理解するためのコミュニケーションの手段やチャネルはたくさんあります。

言語の主な機能

-コミュニケーションは言語の主要な機能です。ただし、私たちはさまざまな目的でコミュニケーションを取ります。

-表現機能とは、発行者の疑念、懸念、確実性などの感情を発行者の内部から伝達する機能です。

-控訴機能では、送信者は受信者の注意を引き付けようとします。

-代表的な機能では、発行者はコミュニケーションのコンテキストに関連する何かを明示します。

-事実または連絡機能は、送信者と受信者の連絡を維持するのに役立ちます。

-メタ言語機能は、特定のメッセージを明確にするのに役立ちます。

-最後に、美的機能は、美しく創造的な方法でメッセージを送信することで構成されています。

さまざまな科学分野からの言語の研究

-人間の言語の理解は、さまざまなアプローチから行うことができます。

-人類学では、いつ話し始めたのか、そしてその理由を判断することが重要です。

-脳を研究する人々は、私たちの脳の構造がそのためにプログラムされ設計されているので、私たちが話すと考えています。

-言語学は、起源、構造、記号など、言語を構成するすべての要素を研究します。

-最後に、心理言語学は言語に関連するメンタルスキルの分析に焦点を当てています。

写真:Fotolia-antkevyv