社会組織の定義

社会組織は、共有された要素、共通のアイデア、世界を見る同様の方法から確立された人々のグループであると理解されています。

さらに、そのような人々のグループが社会組織と見なされることは、それが連帯であろうと私的であろうと、達成されるべき目的があることが重要です。これは、社会組織が常に理由のために存在しなければならず、自発的な因果変数のためではないためです(この場合、社会組織についてではなく、特定の社会集団の一般的な表現について話します)。

社会組織は、人間が社会に住み始めた瞬間から存在します

これは非常にファッショナブルで現在の用語ですが、社会組織はさまざまな形をとることができ、ずっと続いています。社会組織が持たなければならない主な特徴の1つは、共通の要素、類似の関心、類似の価値観、または特定の状況での行動方法を共有する人々のグループを持つことです。同時に、社会組織は常に、例えば、メンバーを取り巻く現実を変えること、特定のトピックについての議論を提供すること、または単に特定の瞬間を共有することを目的として設立されます。

人間の社会や制度が複雑であるように、社会組織も非常に複雑になり、対立することさえあります。これを回避するには、さまざまなタスクを編成し、さまざまな機能を確立し、目標と達成すべき結果をマークする、多かれ少なかれ厳格な階層システムが必要です。

社会運動、社会組織、市民社会の違い

これらの3つの用語には類似点と相違点があり、この意味で混乱を招く可能性があります。社会運動は通常、理想を共有し、現実のある側面を変えようとする個人の大規模なグループです。通常、これらの運動は非常に異質であり、確立された権力、特に国の政府に対する反対を特徴としています。

社会組織には一連の要素があります。

1)それを形成する個人は、共通の目的と利益を持つエンティティを作成します(たとえば、文化団体や非営利団体)。

2)事業体は、特定の法的形態(協同組合、集団社会など)を取得し、

3)エンティティを構成する人々は、ある種の規則(定款など)に準拠します。

一方、市民社会の概念には2つの意味があります。それは企業の一種であり、一連の組織と社会運動を指す用語です。

社会組織の範囲はコミュニティの反映です

社会は異質で複数の人間のグループです。同じことがそれを構成する社会組織でも起こります。文化やスポーツなど、純粋にレクリエーション目的のあるものもあります。NGOのように、強い連帯の要素を持っている人もいます。経済的な目的を持っているものもあります(たとえば、業界団体)。

多くの場合、社会組織はグループの防衛に焦点を合わせています(たとえば、労働組合や消費者団体)。

社会のモデルとして理解される社会組織の概念

先史時代には、人間はすでに共通の利益と結びつきに基づいて関係していた。この意味で、彼らは部族、氏族、大群などの一般的な構造またはタイプの社会組織を作成しました。時間の経過とともに、一部の人(奴隷)の仕事と他の人の支配(このシステムは奴隷制として知られています)に基づいて、新しい組織モデルが課されました。

中世には、地所や階級による社会的分裂に基づく封建秩序が確立されました。近代から現在まで、植民地主義、共産主義、資本主義など、さまざまな形態の社会組織がありました。