評価の定義

評価は動的プロセスと呼ばれ、企業、組織、または学術機関が自身のパフォーマンス、特にその成果と弱点を認識し、提案の方向を変えたり、それらの肯定的な結果に焦点を合わせてさらに収益性を高めることができます

歴史的に、評価は管理ツールとして浮上してきました。そのため、教育機関は生徒の学習を管理するだけでなく、最終的に大きな責任を負うのは教師であるため、教師が実行するタスクを慎重に管理することもできます。世界のあらゆる地域における人類の進歩と進化のためのこの重要な問題を実現すること。つまり、学生だけが教育機関で評価の対象になると信じられていることに反して、教師も教育プロセスの重要かつ基本的な部分であり、最終的にはその成功または失敗をマークすることになります。

多くの文化や社会では、評価の主題は常に学生と特定の主題とさようならの承認を満たすために克服するための数とより関連していますが、最近では心理学などの分野に依存しているのはそれが試みているということですこのやや古風な考え方を変え、各人の可能性と個々の特徴をほとんど修復しないことで、学習プロセスで発生する可能性のある弱点に注意を払い、修正することができます。生徒または教師が成績を合格したり、キャリアの中で自分自身をより適切に位置付けたりできるようにする数値は、このプロセスで発生する可能性のある弱点と成功についてもう少し教えてください。

一方、評価が非常に強力で永続的な存在である教育分野から厳密に離れて、ここ数十年で、評価に使用されることが多いため、商業およびビジネスの世界でも忠実な同盟国になりました。従業員のパフォーマンス、および彼らが実行するタスクを改善するために関連するトレーニングを実施する必要がある場合、またはすでに待望の経済的結果を求めて行っている場合、評価プロセスは企業の財務のみに言及します、あなたは勉強することができ、必要に応じてビジネスの生産性を向上させる代替案を選択することができます。