形式科学の定義

科学を構成するさまざまな分野は、研究の目的、使用される方法、およびその目的の3つのパラメーターに基づいて順序付けることができます。別の分類モデルは、科学を2つの大きなグループに分割することで構成されています。形式科学と事実科学または経験科学です。

正式なもの

論理学と数学は、生物学、気象学、歴史のように具体的な経験的内容がないため、2つの正式な分野です。

論理は純粋に形式的で抽象的な分野です。厳密な意味では、観察可能で、測定可能で、具体的な内容はありません。それは実際には、科学的であれ日常生活であれ、あらゆる種類の知識に適用できる一連の規則です。

論理のルールは、首尾一貫して合理的な方法で考えることを可能にするものです。したがって、私は無矛盾律に違反しているので、何かがそうであるとは言えませんし、アイデンティティの原則に反しているので、何かがそれ自体と同一ではないと断言することはできません。

数学は、その内容が精神的であり、物質的ではないため、純粋に抽象的なものです。

数字は、現実について何かを数えたり計算したりするための人間の精神の発明であるため、自然界のどこにも存在しないことを忘れないでください。この意味で、数論、幾何学、または代数は、合理的に実証できる一連の原理に基づく数学的分野です。

数式を参考にすると、その定式化は完全に現実とは無関係に有効です。

要するに、論理学と数学は、公理、記号、推論規則、定理などの一連の要素を含む形式的なシステムを構成します。これらの要素は、記号で記述されたステートメントの形式で表されます。

事実に基づくものは形式科学を暗黙のうちに持っています

事実の研究を扱う一連の分野は、研究の目的が理にかなっているように、正式な構造を必要とします。一方、生物学または化学の記述が形式的に真実であることを示すには、経験的データとの相関関係がある必要があります。

要するに、形式科学は観察可能な事実の世界に投影されます。ピタゴラスの定理を参考にすると、直角三角形を形成する直角が存在するすべての現実に対して、その定理は有効です。

要するに、形式科学と事実科学は補完的であり、別々の知識領域として考えられるべきではありません。

写真:Fotolia-Artisticco / Sergey Bogdanov