異議の定義

異議という言葉は、特定の問題に関する2人以上の人々の間の不一致、不一致を指します。

問題または問題の解決方法に関する2人以上の意見の不一致

つまり、異議は何かについての合意欠如です

異議は、表現の自由が支配的な民主主義社会では非常に一般的な状況であり、たとえば、各個人は、現在の権威を保持しているのと同じ視点を持っていなくても、問題について自分が考えていることを自由に表現できます。 。

今、まさに権威主義社会において、私たちは異議を消そうとします。

そのための方法論は、ほとんどの場合、他の行動の中でも、極端な暴力、迫害、投獄を利用しています。

何かを深く知る手段

一方、異議は通常、問題の解決に関して人が他の人と持つ可能性のある違いよりも多くの文脈で考慮されますが、それは問題についての完全な知識を達成するための手段と見なすことができます。

これは、多くの場合、反対の位置またはビジョンがそれぞれに賛成および反対のポイントの証拠を生成し、このアプローチでは、反対された2つの選択肢の最良のものを含む改善された視点が達成されるためです。

討論、合意の原則

一般に、反対意見の要請に応じて、それを解決し、違いを修正するために、通常提案されるのは、関係者間で討論、議論を行うことであり、彼らが提示するさまざまな視点を交換するように導くという使命があります。問題について合意に達することが可能である場合。

ディベートは、問題に関する敵対的な提案に立ち向かうときに最もよく使用されるオーラルコミュニケーション手法の1つです。

それらのほとんどでは、反対する個人に加えて、モデレーターが現れます。モデレーターは、討論を指揮し、プレゼンテーションを順序付け、各自が自分の視点を整然と提示できるようにする責任があります。

異議申し立てに反対する概念は、コンセンサスの概念です。これは、逆に、グループの関心のあるトピックに関して、組織、エンティティなどを構成するすべての人々の合意です

政治的なグループなど、一部のグループがイデオロギーの背後に配置されている場合がありますが、さまざまな問題に関して、それぞれが経験と主観を持っているメンバーは、特定の対立を解決する方法について完全に合意していません。

これは通常、異議が現れる場所であり、意見の不一致がグループの最初の連合を損なうことを避けるために、討論と議論を通じて、それを軽減する方法をすぐに見つけることが不可欠です。

多くの場合、異議申し立てから問題について合意に達することが可能であり、これは議論や討論から正確に可能であることに注意する必要があります。

たとえば、コミュニティの意見を分割し、それ自体が異議を唱える問題の解決策は、冷静な議論によって克服することができ、さまざまな対立する政党は立場を変えませんが、彼らができることは、可能な限り最善の方法でそれを解決するためのコンセンサス。

開発、対話、寛容を奨励する

反対意見は、アイデアの議論とコンセンサスの探求に基づいてコミュニティに直面することが決定された場合、コミュニティの発展と成長に非常に前向きです。

異議申し立ては常に対話を促進するため、私たちが知っているように、私たちが同意しない問題について冷静に率直に話し合い、話し合うことほど良いことはありません。

したがって、異議は、違いを許容し、制限や差別化なしにすべての表現の自由が支配する成熟した社会で発生するために不可欠で自然な問題と見なされなければなりません。理由はありません。

さて、この自由は常に尊重され、他人を尊重し、調和のとれた共存に限定されなければなりません。つまり、他人を傷つけるようなことを何も言わずに攻撃することはできません。これが基本的な制限でなければなりません。