無限大の定義

無限の概念は、数学的側面と哲学的側面の両方から理解できます。無限は、ラテン語の無限から来る、制限のない、または終わりのないすべてのものとして定義できます。無限の概念は、私たちが日常生活で知っていることは何もそのように考えることができないので、間違いなく非常に複雑で抽象化された概念です。

人間はその歴史を通して、哲学的な質問と数学に関して無限の概念を定義しようと試みてきました。この意味で、概念の両方の側面は、抽象化として理解されるときに一緒になります。無限大は、すべての場合において、開始も終了も持たないものを表します。これは、開発の終点を特定できない永続的な連続体です。

無限の概念は、生命そのものの存在に関連する多くの文化や文明に当てはまります。なぜなら、生物の存在は、特に死を超えて生命を信じる宗教や文化にとって、誕生、発達、死の永遠のサイクルから表されるからです。同時に、無限大は宇宙空間で表すことができますが、その限界はまだわかっておらず、人間の目には計り知れない空間として現れます。

無限大は常に8に似た記号で表され、開始点または終了点がなく、線でマークされたその空間内で発生するすべてのものがその中で循環し続ける運命にあるため、無限大が表示されます。

最後に、無限大の概念は、数学、物理学、その他の科学の分野にも当てはまると言えます。それらの中で、無限大へのアプローチは、抽象化とそれを表す抽象的な現象(とりわけ周期数など)を説明する試みと関係があります。