アクティブなサブジェクトの定義

アクティブなサブジェクトの概念のセマンティック分析に焦点を当てると、明らかなアイデアが明らかになります。サブジェクトという言葉は人を指し、アクティブな品質を指します。したがって、一般的に、能動的な主体とは、主導的な役割を担う主体、つまり、積極的かつダイナミックなスタンスをとる個人です。いずれにせよ、論理的には、アクティブなサブジェクトは課税対象者に反対します。

この投稿では、この概念に関連して、法、文法、同性愛の3つの異なるコンテキストを分析します。

法のアクティブな主題

法的な観点から、アクティブなサブジェクトは何かを要求する力を持っている個人またはエンティティであり、課税対象者は義務に直面しなければならない人です。能動的主体は権利の保有者であり、その結果、その履行を要求する立場にあります。州は、並外れて、市民権に関して活発な主題です。このメカニズムは、納税義務(州が税金を課し、納税者が納税義務を負う納税者)、および法律で規制されているその他の状況(抵当、相続など)に適用できます。

文法の分野で

文法に焦点を当てる場合、アクティブなサブジェクトはアクションの責任者です。「ペペはコップ一杯の水を飲む」という文の中で、ペペは前述のイベントの主人公であり、したがって、活発な主題です。そして、行動の責任者が間接的に言及されている場合、課税対象者について話します(彼らはその機械を発明しました)。

同性愛における能動的および受動的な主題

2人の個人が、それぞれ異なる性的役割を持つ男性または女性によって実践される同性愛関係に介入します。性交関係では、一方が浸透し、もう一方が浸透します。 1つ目はアクティブなサブジェクトで、2つ目はパッシブです。通常、2人の個人(男性または女性)の一方が主導権を握り、もう一方がより受動的な役割を担うため、性交を必要とせずに同じことが言えます。

同性愛における能動的または受動的な役割に関しては、奇妙な側面があります。同性愛は歴史を通して迫害されてきました(そしていくつかの文化ではそうなり続けています)。しかし、同性愛が罰せられる国では、能動的な主体の役割は「言い訳」されており、その考慮は受動的な主体の役割ほど否定的ではありません。言い換えれば、支配者は理解され、支配者は軽蔑されます。二重基準によるこの道徳的評価には、同性愛の拒絶の観点からの説明があります。受動的な対象または支配された人は、支配者よりも悪質であると見なされます。