焦点の定義

フォーカスという言葉にはいくつかの用途があります。

特定の方向に発光し、活動を照らすために使用されるランプ

単語の最も広範な用途の一つは、要求に与えられている屋内または屋外の照明指定するために、非常に強い光を放出し、一定方向に向けられている電気ランプ

一般に、それらは強い指向性光を提供するランプであるため、通常、サッカースタジアム、音楽イベントが開催されるステージ、劇場、テレビ、建物の照明など、正確に広大な照明を必要とする特定の場所で使用されます。とりわけ家。

電球は、1879年に19世紀の終わりにイギリスの科学者トーマスアルバエジソンによって発明されたことに注意する必要があります。

電球

同様に、電球はスペイン語を話す多くの部分でフォーカスとも呼ばれます。

その金属フィラメントの加熱は、光を提供するものです。

人類の非常に遠い時代から、照明は、光を提供するためのさまざまなプロセスや要素の作成に正確に関心を持っていた男性にとって懸念事項でした。

そして、これは、人々が実行する多くの活動が光を要求するためです。これは、適合して実行できる具体的な明快さです。

先史時代から、人間は、例えば燃焼によって火の出現につながる光源を作り出しました。

その後、進化とともに有名な石油ランプが登場し、今日では骨董品店で切望された部品として販売され、その後、特に白熱電灯まで街を照らすガス灯が登場しました。

すでに20世紀頃には、蛍光灯や低消費電力ランプが誕生し、最近では、優れた照明を提供し、長持ちし、消費電力を節約できるLEDランプが日常生活に取り入れられ始めています。

照明:実用的で審美的な目的

照明とは、屋内または屋外の空間に光を提供することを目的とした照明装置またはスポットライトの配置です。

照明は、自然光が降り注ぐ空間や、日光が当たらない場所で、さまざまな活動ができるという実用的な目的があります。

ただし、照明には美的または装飾的な目的もあり、多くの人が、一部のスペースをより快適にしたり、部屋に配置された特定の場所やオブジェクトを強調したりする目的で利用します。

家の部屋や空間で実行されるタスクは、照明の種類と強度を決定する際の基本です。たとえば、バスルームやキッチンでは、通常、より多くの照明が必要ですが、休憩する部屋では、強度の面でよりリラックスすることができます。

別の段落は、視覚疲労が発生しないように適切な照明があることが重要な職場に値します。

物理学:光線が始まる点

その一部として、物理学の分野で、焦点は光線または熱線のビームが出発する点になります。

言語学:関連する構文要素

言語学の焦点は、構文要素は、これに関連性がイントネーションから起因していることを文にあるので、我々はまた、この単語の参照を見つけます。

何かが集中している場所

一方、物が集中している場所や、何かが拡散して広がっている場所を表現たいとき、焦点を絞って話します。

ブエノスアイレスの街は、ラテンアメリカで最も重要な芸術と文化の中心地の1つです。」

ギリシャ神話の神

ギリシャ神話、フォーカスは神話や伝説のこの伝説のシリーズから人気キャラクターの名前でした。

コンピューティング:アクティブウィンドウ

計算し、焦点が活性化されているデスクトップ上のウィンドウまたはグラフィック要素です。

それを認識する方法は、アクティブなウィンドウの端にあるさまざまな色を使用することです。