感情の定義

感情とは、人間が仲間や環境全般に関係するときに感じるすべての感覚や感情です。しかし、この簡単な説明では、人間の感情が構成する現象の解釈と解明は、実施された評価が曖昧である限り、常に大きな問題であったことを指摘する必要があります。

人間と他の生物との差別化要素として語ることができるものがあるとすれば、それは感情や感情、特に複雑であると考えられているものに関係しているすべてです。したがって、人が何であるか、そして彼らのアイデンティティを定義するときのその中心的な重要性。

人間の感情。

感情が基本的である理由をよりよく理解するために、他の生物が持っていない複雑な感情のシステムを開発したのは人間だけであることを指摘しなければなりません。恐怖、喜び、悲しみ、怒りなど、肉体的、身体的、または有機的な感情に関係し、すべての動物が多かれ少なかれ所有している感情について言及することができますが、人間には独自のグループもありますそして排他的な感情。

これらの感情は、彼が社会での共存から、そして彼が構築してきた複雑な歴史的生活から発展させたものです。この意味で、不安、愛、苦悩、情熱、恨み、復讐、幸福、うつ病などの感情はすべて、人間の精神だけでなく、人間の精神にも存在する感情であり、それが他の動物とは異なる理由です。 。

感情の重要性。

長い間、人間社会は前の段落で述べた複雑な感情の重要性を否定または無視していました。心理学の理論の発展とともに、感情が個人としての人の基本的かつ基本的な部分として認識され始めたのは、19世紀の終わりと20世紀の初めまでではありませんでした。他者と一緒に暮らし、それを取り巻く環境に挿入され、それを決定する社会的存在。

このように、人間の精神を研究する心理学と科学の発達のおかげで、感情が人の行動、考え方、行動を理解するための中心であることが理解できました。これは、家族歴、住んでいる地域、住んでいる経済的現実、完全な社会生活へのアクセスの有無など、無数の要素の影響を受けます。これらすべての要素は、人の基本的で複雑な感情を区切り、他の要素とは異なるものにします。そのため、それらは私たちのアイデンティティの非常に重要な要素になります。

写真:iStock-ZoneCreative