テニスの定義

テニスの一つであり、最も人気のあるスポーツと世界全体練習の練習がで行われている間、フィールドの矩形フラットな地形、粘土またはセメント、ことを特徴としている内形状とすることにより2つのセクションに分割されたネットワーク

その部門は、まさにプレーヤーが配置されるコートの両側をマークする部門です。1人と1人がプレイできます。つまり、1人のプレーヤーが別のプレーヤーと向き合い、シングルと呼ばれるモダリティがあります。

それを実践するためには、競技場に加えて、ラケットとテニスボールの2つの要素が不可欠です。プレーヤーはラケットを手に取り、それを使ってネットを越えなければならないボールを打たなければなりません。これが起こらない場合、ポイントは反対にカウントされます。また、いずれかのプレーヤーがボールを正しく返さなかった場合、ポイントは終了し、明らかに相手に与えられます。

プレーヤーはテニスをするときに、サーブ(試合が始まるストローク)、ドライブまたはフォアハンド(テニスプレーヤーの巧みな腕でリバウンドした後にボールが打たれる)、バックハンド(ドライブの反対側に与えられる打撃)、ボレー(ボールがコートで跳ね返る前にプレーヤーが空中で行う打撃)、ドロップショット(この打撃では、ボールがパワーを失い、相手側のネットのすぐ近くに着地する)、オークション(サーブと同様の動きを伴うが、頭上で行われる)。

ゲームはプレーヤーの1人のサービスから始まり、サービスを受けたプレーヤーとは反対側のコートでバウンドする必要があります。 2つのサービスの可能性があります。つまり、最初のサービスが失敗した場合、別のサービスが利用可能です。ゲームは、ボールが両側から1回だけ前後にバウンドする状態で続行されます。バウンスが複数ある場合、またはボールがコートを離れた場合、プレーヤーはポイントを失います。 4ポイントを獲得し場合、ゲームまたはゲームが達成され、6ゲームを獲得し場合、セットが取得されます。試合は2セットで構成され、同点の場合は3セット目になる可能性があり、グランドスラムトーナメントでは5セットが許可されます。

前世紀の前半からプロの性格が与えられましたが、テニスは長い間実践されてきました。明らかに要素の点でいくつかの違いがありますが、そのモダリティはすでに数世紀前から知られていました。