値の定義

価値の概念は複数あり、要素の多様性を参照することができます。一般に、この用語は、オブジェクト、個人、および/または状況または現実の品質を測定または重み付けし、それが正か負かを判断するために使用されます。つまり、値は前述のものに関する推定値を提供します。物や人が私たちに合っているか、私たちの計画や目標にまったく合っていない...

そして、この意味での価値観は、個人的な達成の目標に関連して私たちの行動を導くことを可能にする原則です。他の値ではなくこの値を信じることで、私たちはこれまたはそれを好むか、または他を拒否するようになります。同様に、価値観は欲望を満たすか、達成を達成する方法です。

勇気と行動、緊密なフィードバックパートナーシップ

このように行動する人は、自分が持っている信念や、もちろん価値観に応じて、間違いなくそうします。たとえば、特定の問題で持っている価値観は、それに関する行動に変換されます。個人が宣言する価値観に従って生活していると一般に言われている場合、彼は自分の価値観を尊重し、それらと調和して行動するため、広く考慮されます。これらのタイプの人々は常に、彼らが信じている価値観に基づいて行動することを決定します。

特に環境や社会との関係に関して価値観を持つことは、特定のイベントが発生した場合に何をするか、何をしないかが明確であるため、どの分野でも十分に機能するのに役立ちます。価値観がわからない、または特定のイベントにどのように対応するかについて漠然とした考えを持っているため、価値観を持たない人と向き合うことはより困難です。

価値観:倫理と道徳

一方、複数形の「価値観」について話すとき、この表現はしばしば個人または個人のグループの倫理と道徳に関連しています。

さまざまな社会歴史的文脈に応じて、価値観は異なる可能性がありますが、社会の倫理と道徳も異なります。

価値観と社会の調和のとれた共存への貢献

彼が生まれた立場または彼が受けた教育の結果としての各個人は、それの結果である特定の価値を持っています。むしろ、彼らは彼の内部から来て、彼がこの道かその道のどちらかを選ばなければならない特定の人生の状況で彼の行動を導きます。さて、この状況のた​​めに、私たちは各人の個人的な価値観が他の人のそれとは異なる可能性があることを強調する必要があります、そしてこれは誰も同じ場所から来たり、同じような経験をしたことがないからです。

一方、一般的な人間の価値観またはユニバーサルとも呼ばれるものは、大多数の人々によって同意され、受け入れられ、社会的に尊重されることを特徴とし、人々は私たちが家族で受けている社会化プロセスの結果としてそれらを獲得します最初に教育、次に学校で。

より一般的な人間の価値観を参照すると、それらは人間の質と他の男性との関係において人間を強化するものであり、他の存在の中で模範的な存在として人間を構成するものであると断言できます。

それらの多くは、家族や社会環境に属する人間と関係があり、尊敬、寛容、誠実さ、忠誠心、努力、責任、連帯、尊厳に関連しています。最近では、人生のさまざまな順序(家族、仕事、社会、レクリエーション)でのコミュニケーションが、交換や人間関係の価値と同様に関連性があると見なされるようになりました。

要するに、人間の価値観は、社会一般と彼の仲間に利益をもたらすアイデアと行動を追求して、彼自身の自由と個人の利益を超えて、人間に偉大さを与えるものです。

同様に、価値観は所属のさまざまなコンテキストに関連付けられています。多くの場合、宗教は人間の連帯慣行のフレームワークを提供する環境ですが、世界中のさまざまな社会の非営利団体も価値観の保護を促進しようとしています。そして、より人道的で意味のあるビジョンと使命を追求し、平和と愛のように彼らが考える原因のために戦います。