鍛冶の定義

鍛冶屋という用語は、鍛冶屋が運営するワークショップまたはショップとして指定されています。そして、鍛冶屋の貿易は鍛冶屋とも呼ばれます。鍛冶屋では、基本的に鉄の材料を加工してさまざまな物体を作るか、この材料でできているいくつかの要素を復元します。

働く鉄の芸術とそれがこの材料で働くワークショップ

鉄細工が卓越して機能する材料である鉄は、地球の地殻で4番目に豊富な金属であり、それ自体が5%に相当します。一方、鉄は、そのコアの地球が最も多くの量を集中しているため、惑星の質量で最も重要です。鉄。惑星地球の核は、ニッケルに加えて、金属の形で主に鉄で構成されており、たとえば、移動すると磁場が発生します。

鍛冶屋が働く基本的な要素:アンビル、フォージなど

一方、鍛冶屋は、鍛造、アンビル、ハンマー、ペンチ、金型などの特定の手動ツールを使用して鉄や鋼のオブジェクトを精緻化することに専念し、曲げたり、ハンマーで叩いたり、金属が塑性状態にあるときに金属を成形する傾向がある他のアクション

鍛造は、金属に熱が加えられる物理的な場所であり、たとえば、そこで発生する火は制御され、特定の温度にある必要があります。

そして、アンビルは、融合されたそれらの部分のサポートとして使用される鋼の大きなブロックです。彼らはそれに取り組んでいます。

伝統的に、金属は白熱灯になり、赤熱するまで熱にさらされ、後で鍛造プロセスにかけられます。

バー、テーブル、椅子、アームチェア、ベンチ、彫刻、道具、武器、台所用品、鐘、装飾要素など、あらゆる種類の家具は、鍛冶屋の鍛冶屋によって製造および製造される最も一般的な製造業者であることが判明しています。

古代の貿易

長年の経験を持つ鍛冶屋、つまり長年貿易を発展させてきた鍛冶屋は、わずかな労力で、彼らがいる場所に洗練された外観を与える優れた品質の製品を作るように訓練されています。

鍛冶屋の貿易は確かに千年紀であり、ギリシャやローマなどの古典神話の歴史を振り返っても、鍛冶屋の姿は役職を務めた神々を通して評価されてきたことがわかります。 、ギリシャのヘファイストスとローマのバルカンの場合がそうです。ヘファイストスとバルカンの両方は、鉄を動かす信じられないほどユニークな能力を持っていました、彼らの大きな仕事の1つでさえ、神々が持っていたほとんどの武器と鎧の建設でした。

彼が水をかき混ぜたポセイドン(ギリシャの海の神)のトライデントは、ヘファイストスによって建てられました。

都市の建物やインフラの設計、装飾、建設に携わる

現在、デザインと装飾の分野では、鍛冶屋が製造する製品は、デザイナーとそれを消費する一般の人々の両方の側に特別な好みを持っています。一方、それらは鉄や鋼と同じくらい強い材料で作られた要素、オブジェクト、家具であるため、それらの持続時間は長くなり、細心の注意を払う必要はありません。たとえば、鉄製の椅子は、その構造に大きな損傷を与えることなく、雨、寒さ、湿度、その他の悪天候に耐えることができるため、屋外に置いておくことができます。

一方、鍛冶は、都市のインフラストラクチャを構築することに関しては基本的な活動です。鍛冶は、それらを通して、建設プロジェクトを実行するために不可欠であることが判明したシート、梁、およびロッドを生成できるためです。

家を建てる、鍛冶屋の介入なしに建物を建てることは不可能でしょう。

鍛冶場の専門の1つは、馬のひづめに蹄鉄を置くことです。このタイプは黒鉄で機能します。色は、加熱中に金属の表面に堆積する酸化物層によるものです。