雨の定義

雨は、その単純さにおいてさえ、最も一般的で驚くべき環境現象の1つです。科学的に言えば、雨は雲から地面に向かって、地球に向かって水の沈殿にすぎません。この水の落下は、雲の内側にある水蒸気の凝縮から生成され、それが重くなるにつれて、地面に向かって重力によって落下します。雨は常に液体です。つまり、常に液体状態の水ですが、気体(たとえば霧)や固体(雹)などの他の状態を伴うこともあります。雨は、日光とともに、地球上の生命にとって不可欠です。

水蒸気が凝縮すると、それは重くなり、また冷たくなります。雨は、直径約0.5mmの液滴の形での降水として科学的に説明されています。これらの滴が小さい場合、同じ現象が霧雨と呼ばれます。さらに、尾流雲と呼ばれる雨に関連するもう1つのあまり知られていない現象があります。これは、十分な力がないために地表に到達しない液滴の形の水です。

雨の現象を説明するために存在する可能性のある科学的説明に加えて、この気象現象は、生物、特に人間の存在を良くも悪くも実際に変える可能性があることを指摘することも重要です。これは、土壌が受ける自然で最も効果的な灌漑の原因は雨に他ならないためです。干ばつや雨が降らないなどの現象は、土地、特に作物の生産に大混乱をもたらします。

ただし、雨の存在が豊富な場合、雨も有害になる可能性があります。強力な雨(一般に嵐として知られている)は、都市部と農村部の両方で洪水などの重大な合併症を引き起こす可能性があります。多くの場合、シャワーの力は景観や物理的空間を恒久的に変える可能性があります。