社会的認識の定義

社会的知覚は、人々が社会的現実を解釈するプロセスとして理解されています。言い換えれば、それは私たちが他人をどのように認識し、彼らの行動をどのように解釈するかを指します。

知覚のアイデアは社会関係に適用可能です

知覚は心理学の古典的なテーマの1つです。この意味で、20世紀初頭の心理学は、私たちの感覚を決定する法則の研究に焦点を合わせていました。時間の経過とともに、一部の心理学者は、これらの法律が社会的領域に適用できることに気づきました。

社会的認識の側面

対人認識は、他の個人の認識と社会集団の認識の2つの領域に分けられます。

知覚のプロセスは、そもそも、観察者と知覚の対象である人の存在を意味します。オブザーバーは裁判官の役割を引き受け、他人の行動を認識し、それに意味を与えます。

非常に多様な情報が認識されるため、私たちが他者について認識する情報は複雑です

したがって、最初に、他の人の身体的特徴(顔色、身長、一般的な外観)を認識します。次に、被写体の観察できない特徴を知覚します。これは、一連の感情や感情を意味します。同様に、私たちは彼らの性格、イデオロギー、または能力の特徴も捉えています。観察者の文化と以前の経験も知覚プロセスに介入します。

社会的認識のプロセスにおける重要な要素の1つは、社会的役割の問題です。通常、私たちは相手が社会で果たす役割から相手を認識し、特に一部の人々の名声と専門的な成功を重視しますが、他の人の役割は社会的認識が低いため、他の人を過小評価しています。

他者の認識における偏見の役割

私たちが人に会うとき、その人に対する私たちの認識は私たちの偏見によって条件付けられるかもしれません。偏見は先入観です。偏見に基づく他者への意見は、固定観念の創造につながる戦略です。このように、私たちは誰かを個人的な資質のためではなく、他の状況(彼らの社会階級、彼らの民族性、彼らの言語または彼らの服装の仕方)のために分類します。

偏見に基づく社会的認識は対立の原因です。なぜなら、他人を知らずに判断することは不公平で知的なアプローチではないからです。

写真:iStock-Gawrav Sinha / Bartosz Hadyniak