になることの定義

なるという概念にはさまざまな意味があります。そもそも、それは何かになることやなることと同義であり、カルト主義として使用されます(たとえば、彼の最大の願いはNASAの科学者になることでした)。一方、なることは起こることまたは起こることと同等であり、時間の経過とその結果に関連しています(出来事の過程で彼は政治家としての地位を辞任しました)。最後に、なることは哲学の概念です。

哲学的問題としてなる

なるという考えは、何かが何か他のものになるプロセスを指します。この意味で、形而上学では、変化しないものは存在として知られていますが、対照的に、変化、つまり何か他のものになるものがあります。これは、アイデアとしてなることは、何かになるためのさまざまな方法を表すことを意味します。

哲学では、変化の問題に相当する、なることの問題について話します。言い換えれば、哲学は、物事が変化する理由を理解できる説明を求めてきました。これは、変化の原理と呼ばれることもあります。

イオニアの哲学者たちは、何が変化し、何がなりつつあるのかを理解する必要があると考えました。ピタゴラス教徒は、変化と多様化が数学を通して表現できることを理解していました。ヘラクレイトスは、すべてが変化し、何も残っていないので、現実になることを特定しました。

代わりに、パルメニデスは、合理的に変化がないことを意味するので、変化は明らかであると言いました(何かが論理的に停止した場合、それはそうではなく、そうでないものは無意味です)。哲学的な問題になるという問題は、ギリシャ人から現在までの思考の歴史を横断してきました。

今日、なることの問題は議論され続けています。なることを理解することは人生そのものを理解することと同等であると主張する哲学者がいます。この意味で、人間はすべて変容し、変化します。つまり、人間の存在、歴史、言語、文化、アイデアなど、すべてが変化する可能性があります。

なるには、物質的な次元(個人に影響を与える物理的な変化)と精神的な次元(たとえば、精神的または知的性質の内部変化)の2つの次元があると言えます。すべての現実は時間の概念に関連しているので、ある意味で、人間はなるという問題を無視することはできません。

弁証法になる

哲学になるという考えは、思考の歴史の重要な概念である弁証法の考えと直接的な関係があります。弁証法になることは、人間に影響を与える変化や変化を理解することを可能にするアイデアです(たとえば、歴史の弁証法的理解)。

写真:iStock-choja / poba