デジタル化の定義

私たちはデジタルの世界に住んでおり、本質的に(粒子レベルでは不連続である)と言う人もいれば、機械やコンピューターが理解できる方法で現実を表現する必要があると言う人もいます。いずれにせよ、私たちはすべて(またはほとんど)をデジタル化する過程にあります。

デジタル化とは、実際の(物理的、有形の)何かをデジタルデータに転送して、コンピューター(自然界、つまりデジタル)で処理し、モデル化し、変更し、他の目的で利用できるようにするプロセスです。元の役割または機能のさまざまな目的。

つまり、連続的な現実(または巨視的なレベルでそのように見える)から、ビット(0と1)で構成される不連続な現実に移行します。

デジタル化では、データを収集するために、通常は技術ツールを使用して元のモデルを読み取る必要があります。このデータは、後でコンピューター内でデジタル形式でオブジェクトを再構築するのに役立ちます。

この用語は、わずかに異なる目的のための異なるテクノロジーに適用されます。

たとえば、手書きの文書を紙にデジタル化することは、スキャンとそれに続くOCR(Optical Character Recognizer)プログラムを使用した解釈、または単にスキャンすることで構成されます。

最初の部分であるスキャンを保持すると、画面上で読み取り可能で印刷可能なドキュメントが得られます。このドキュメントは画像として操作できますが、テキストとして編集することはできません。一方、ソフトウェアに書き込まれた内容認識させると、操作可能なテキストが作成されます。

そして、この例では、新しい概念を紹介することができます。デジタル化には、人間が解釈する内容に関してエラーが含まれる可能性があります。

これ以上先に進まず、スキャンして解釈したドキュメントの場合、テキストの作成者の手書きが不適切だと、OCRプログラムがlをiの行き先として解釈したり、その逆を行ったり、他の文字を誤解したりする可能性があります。

これには、テキストのレビューと人間の校正者による修正が必要です。

デジタル化プロセスは、生命と自然の多くの側面に適用できます。例えば:

  • 音声や音楽などの音波を操作するか、デジタル形式で単純に再生し、インターネットを介して送信して保存します。
  • 画像。同じデジタルカメラには、レンズを通して見たものをビットの形でキャプチャするセンサーが組み込まれており、データは位置と色に対応しています。
  • 音声のように、分析したり操作したりできる無線信号やその他の種類の無線波。
  • 建築計画、または計画を持たずに(特別なツールと技術を使用して)すでに建設された建物のデータでさえ、建築、インテリアデザインなどの目的で操作できる3次元モデルのその後の精緻化のために...
  • アナログからデジタル信号を取得する(デジタル化)ことで、品質を損なうことなく再生したり、別の信号に変換したりするなどのメリットがあります。

    その操作についてはすでにコメントしましたが、品質を損なうことなく複製できるということは、劣化することなく、好きなだけコピーできるということです。

    あるカセットから別のカセットへのコピー、およびコピーの1つのコピーなどを作成しようとしたことがありますか?アナログであるため、録音が徐々に特定の側面を悪化させていたため、コピーの1つが本当にひどく聞こえ始めたポイントが常にありました。実際、同じオリジナルの2つのコピーが完全に同じになることはありませんでした。

    一方、1は0と同じように常に同じ値になるため、デジタルデータは品質を損なうことなく簡単にコピーできます。

    デジタル化の問題は常にそれに割り当てられたリソースにあります。離散情報が連続形式の同じ情報にできるだけ近くなるように、十分なサンプルを取得する必要があります。

    これはいわゆるサンプリングレートであり、最小時間で最大数のデジタル定量化可能なサンプルを取得することで構成されます。

    読み取りの結果としてデジタルデータを取得したら、そのまま(RAW形式、英語では「raw」)にするか、損失の有無にかかわらず圧縮アルゴリズムを使用してサイズを縮小し、作成することができます。テレマティックネットワークを介した管理性と転送性は向上しますが、通常は品質が少し低下します。

    写真:Fotolia-rozmarin