彫刻の定義

彫刻は、建築、絵画、音楽とともに、美を表現するという本来の目的のために、いわゆる美術の1つであり、粘土を成形し、石、木、またはその他の材料に彫刻する芸術で構成されています。 。彫刻家は、この芸術を行う責任者と呼ばれるように、私たちが言ったようにボリュームを作成することによって自分自身を表現するだけでなく、空間を形作り、定義します

したがって、彫刻によって、彫刻やノミの芸術だけでなく、鋳造、成形、場合によっては陶器の芸術も理解されます。

彫刻の起源は、純粋に人間の活動と芸術であるため、人間は常に人物を必要とし、彫刻する機会があったため、実際には人間の起源からそれを見つけます。私たちが言及したこの長い伝統の間に、彫刻は1つではなく、その時の男性の前進または遅延の時間と段階に応じて、それが表示したいくつかの機能がありました。

たとえば、人類の初期には、ほとんどの人は文盲でした。したがって、彫刻は知識を広めるための手段として使用されました。つまり、最も消化しやすく魅力的な方法のいくつかの概念やイベントを人に説明するという厳密な教育的使命を果たしました。可能。私たちが言及したこの状況は、例えば中世では非常に一般的でした。

一方、次に人気のある機能であり、今日でも相変わらず有効であるのは、装飾または装飾的な意味です。そして最後に商業的なものですが、それはより現代的であり、非常に重要な金銭的価値を持つ芸術作品の生産者としての彫刻の概念と関係がありました。

La escultura se encuentra dividida en dos grandes ramas, la estatuaria y la ornamental. La primera se ocupa de la representación de la forma humana y de expresar las distintas concepciones suprasensibles del hombre y la segunda, por su lado, se ocupa de reproducir artísticamente al resto de los seres que componen la naturaleza junto con el hombre, como ser los vegetales y animales.

一方、彫像はレリーフとラウンドバルクの2種類で構成されています。レリーフは、表面に作成または接着されたものであり、前面である単一の視点を示します。飛行機から出てくるものに応じて、それは高浮き彫り、半浮き彫り、低浮き彫り、中空浮き彫りと呼ばれます。そして、丸い形の彫刻は、あらゆる視点から見ることができるものであり、表現された体の部分に応じて、それはとりわけバスト、ハーフボディ、3/4、トルソと呼ばれます。