平均の定義

数学での特別な使用

このレビューで私たちに関係する概念は、その計算が数学演算の基本的な知識を意味するため、数学の世界と密接に関連していますが、このタイプの計算は私たちの日常生活に非常に存在していると言わなければなりませんさまざまな質問の平均を正確に知るために使用しているからです。

何かの真ん中または真ん中の分割点

また、平均という言葉は、何かが中央または中央で分割される可能性が高いポイントを指し、問題の中間点を示すためにも使用されます。

関係するすべての値の合計を除算した結果の値

平均項は、すべての値の合計をこれらの数で割った結果の数量または平均値として知られています

そのような量を取得するには、その中間点が取得される少なくとも2つの量が必要です。つまり、それは関係概念であり、数値をそれ自体で平均化することは不可能です。

複数の数字がある場合は、それらをすべて加算してから、考慮した数字の数で割る必要があります。たとえば、学生の平均が何であるかを知りたい場合は、最終試験で取得した点数からそれを行う必要があります。これらは、最初に取得した8、7、3、5の成績です。これらすべての数値を加算すると、23の統一された数値が得られます。次に、問題の平均を取得するには、その数値を取得した成績の数、つまり4で除算する必要があります。このような除算により、次の結果が得られます。 5.75の場合、学生の最終平均は5.75になります。

一方、気温の平均、企業が1年間に得た利益の平均、インフレ率の平均、生活費、さらには労働日数の平均を取得したい場合。また、従業員として働いていない人は、上記と同じ方法論に従う必要があります。

一方、私たちが言及したこれらの事柄の平均、または私たちが参照していない他のもっともらしい平均の計算は、統計を実行して行動する必要がある場合に非常に役立ちます彼らの結果の結果として。

たとえば、コース内のすべての学生の平均が計算され、それが予想をはるかに下回っている場合、この不足を知ることで、新しい教育戦略の実装が可能になり、明らかに期待された結果が得られないため、既存の戦略を変更できます。また、企業にも同じことが言えますが、平均が低ければ進捗がうまくいかないのは明らかなので、収入を増やすために方向性を変えることができます。

教育分野:学生の学業レベルの指標

教育環境では、平均の概念も繰り返し使用されており、それは学生の教育レベルの忠実な指標であるため、確かに関連する質問です。平均が8〜10ポイントの高さの場合は優秀な学生になり、平均がこれらの数値を下回る場合は正規の学生になります。

ある科目で達成された平均でさえ、多くの場合、学生がその科目を宣伝したり、失敗したりしても、それを達成できないものです。

同様に、平均が非常に良い場合、それは学生が彼らのコースの旗手であるという名誉にアクセスすることを可能にします。

また、学年や除算の生徒が示す平均により、内容が正しく学習されたかどうかを知ることができます。つまり、平均により、生徒の成績を分類できます。

学校の平均は非常に簡単に計算でき、他の平均の計算方法と違いはありません。1年に8科目を取り、その中で次の点数を取得した場合、4、7、10、9、7、8、9、5の点数をすべて加算し、科目数で割る必要があります。 、8、平均は7.35になります。

この用語に関連する他の概念は、平均的な市民であることが判明しました。これは、母集団の平均のすべての特性を満たすものになります。考慮される月の半ばに近い日付の平均します。