他動詞と自動詞の定義

動詞は、動詞の意味的意味を明確にするために補語が必要な場合、他動詞です。したがって、私が「彼女が与える」と断言すると、何かが欠けていることがわかり、欠けているのは直接目的語です。

一方、「彼女は羨ましい」という文では、直接目的語がある場合。したがって、与える動詞は、直接目的語が付随している場合にのみ意味があるため、他動詞です。

動詞は、完全な意味的意味を持つために補語を必要としないため、自動詞です。

したがって、「フアナが感動する」と言えば、動詞に補集合を付ける必要がなく、文は完全な意味を持ちます。

動詞は本質的に他動詞または自動詞ではなく、文の構造内でどのように動作するかに依存することに注意してください。したがって、動詞は、ある場合には他動詞であり、他の場合には自動詞である可能性があります。

他動詞と自動詞

文が他動詞であるかどうかは、その文に含まれる動詞によって異なります。特定の動詞は必然的に直接目的語を必要とします。自動詞では、直接目的語が完全な意味を持つ必要はありません。

「ビセンテが勝利を収めた」という文では、勝利は直接の補足として機能します。一方、「ビセンテが得た」と言えば、完全な意味を持たない文です。したがって、最初の文は他動詞です。

次の文は、使用される動詞が直接目的語を必要とするため、すべて推移的です:「ルイスはレッスンを勉強しました」、「マリサは鉛筆を壊しました」、「アルベルトは新しい本を購入しました」。

「私の友人は隣人に感銘を与える」という文では、隣人を間接的に補完することで自動詞になります。「昨日上司が話しました」と言えば、自動詞も同様です。次の文は、直接の補語が表示されないため、すべて自動詞ですが、他の補語が含まれています:「ミゲルデセルバンテスは17世紀に亡くなりました」、「私の友人はブエノスアイレスに住んでいました」、「アルフレドは数学の授業に隠れました」 。

動詞が他動詞であり、2番目の能動態として知られている場合でも、特定の文は自動詞であることに注意してください(たとえば、「隣人が読む」、「ルーカスが買っている」、「アガタが静かに上がる」など)。

文を分類する方法はいくつかあります

他動詞と自動詞の区別は、文を順序付ける方法です。それらはまた次のように分けることができます:二膜と非膜、反射と相互、能動と受動、または話者の意図に応じて。後者の場合、それらは、叱責的、質問的、疑わしい、命令的、希望的な思考、そして感嘆に分けられます。

写真:Fotolia-kieferpix