脚色の定義

演劇という用語は、特定の特定の状況の演技が行われる、ある種の表現または演技の演技を示すために使用されるものです。この言葉は別の名詞から来ています。ドラマは、まさに対話と口頭で文学作品を表現する方法です。ドラマという用語は、ギリシャ語(芸術的要素として劇場を作成した文明)、つまり「行動」を意味する言語に由来します。したがって、何かのドラマまたはドラマ化は、アクションを実行すること、特定の方法または形式で行動することです。

つまり、ドラマ化では、通常は劇場の舞台で俳優が演じるさまざまなキャラクターを含むいくつかの悲しいテーマを扱うストーリーで構成されるドラマが表現されますが、このジャンルは映画館でも非常に人気がありますテレビで。

一般に、脚色について話すときは、劇場、映画、テレビなどのメディアでの演技表現が参照されます。これらのスペースでは、俳優は、何を言うか、どのように動くか、どのように行動するか、そして観客に特定の感覚、アイデア、考え、一般的な状況を示す方法を伝えるスクリプトからキャラクターを作成します。その間、すべてのステージングとパフォーマンスを監督するプロのディレクターがいます。

俳優の劇的な能力の重要性

これらのタイプの表現では、ドラマを表現する俳優の劇的な能力は非常に重要です。そうしないと、その分野の熟練した専門家でなければ、物語の劇的な内容を移動したり伝えたりすることが非常に困難になるからです。優れた俳優は、彼がキャリアの中で代表しなければならない各ジャンルで演じる方法を知っている必要があります。さて、ドラマの周りには大きな敬意があり、その名の下に、ドラマを解釈しなければならない俳優に追加の圧力が何度も起因しています。つまり、このジャンルに関してはより厳しいものです。たとえば、コメディに密接に関連する俳優がドラマで目立つとき、彼らは通常、すべての人を驚かせます。

ギリシャの起源

劇化の最初の形態は古代ギリシャで起こりました。古代ギリシャでは、劇場は芸術的な形態としてだけでなく、日常生活で起こったさまざまな現象(今日のテレビなど)の議論と表現の場としても非常に重要でした。ニュース)。当時、脚色は、哲学、道徳、文化などのさまざまなトピックについて一般の人々を教育する方法でした。

演劇の脚色には、2つの基本的な形式があり、互いにまったく異なります。1つは悲劇、もう1つはコメディです。それらの間にはバリエーションと中間点がありますが、悲劇とコメディは劇場の2つの基本的な形式を表しています(したがって、1つは幸せでもう1つは悲しい2つの反対のマスクの典型的なシンボルです)。

悲劇は一般的に人間の深さに影響を与える危機的状況を表していますが、コメディはその性格を一般的な存在、美徳と欠陥の所有者として示す日常生活の状況を表そうとしています。

しかし、脚色は純粋に演劇的または芸術的な行動として理解されるべきではありません。多くの場合、普通の人なら誰でも、状況に応じた聴衆にその状況をどのように生きたか、何を言ったか、何が起こったかなどを伝えることを目的として、生きた状況の脚色を行うことができます。

たとえば、この概念は、誰かが何かを誇張していることを示すためにも使用され、それを非常に劇的な特徴に帰します。

治療での使用

また、脚色は、患者が特定の病状を克服できるように、治療の代替手段として心理学の要請で課された手順であることを強調する必要があります。このプロセスでは、1人または複数の人が、共通の問題またはそれらを結び付けてそれについて開く問題について話し合います。人々の内面性を表現し、脱抑制するのに大いに役立つ実践であるため、それは多く使用されます。