衣類の定義

衣類という言葉は、人間が自分の体を覆い、さまざまな種類の天候から身を守るために頼る衣類のすべてのアイテムを示すために使用されます。

しかし、衣服は純粋に機能的な要素ではありませんが、より複雑な社会の発展以来、グループ内の各個人の違い、ファッション、トレンド、階層、ステータス、さらには単純な個人的な好みをマークする必要性に関連しています。社会。

その起源とそれが到達した進化の服

先史時代から、人は自分の体を覆い保護するためにさまざまな天然素材を使用してきました。衣服の最初の形態は動物の皮と皮であり、後の基本的で原始的な布地でしたが、歴史を通して、人間はさまざまな目的と機能を果たすことができる多様な複雑さ、豪華さ、富の断片を開発することに成功しました。保護として、控えめな領域をカバーし、階層を確立するなど。

通常、人が作った衣類や衣類は、天然物(皮革、羊毛、天然染料など)で作られていますが、時間の経過と繊維産業の発展に伴い、多くの新しい生地や人工繊維が作られています。生地は、はるかに快適で保護的で耐久性のある衣服を手に入れることを可能にしました。

衣服は間違いなく時間とともに大きく変化し、気候条件の変化だけでなく、新しいデザインスタイル、新しい素材の開発、そして社会的、政治的、経済的文脈の変化によってもこれを行わなければなりません。衣服は常に政治的、社会的、文化的、経済的出来事に関連しており、これは歴史を通じて、経済状況などの理由で特定のイデオロギーを表すため、非常に時代遅れまたは保守的であると見なされるために一部の衣服が変更されたことを意味します。

同時に、紳士服と婦人服に関しては、衣料品は常に差別化されてきました。これは常に、衣服をさまざまな体型に適合させる必要性、さまざまな部分を覆ったり見せたり、さまざまなスタイルに従う必要性に関連しています。

サイズの問題、社会的および健康上の問題

服のサイズの問題は、間違いなく、このトピックに関して今日最も議論されている問題の1つです。特に、過食症や食欲不振などの食事に関連するいくつかの病気の発症と直接的な関係があるためです。

残念ながら、認可され、あまり適用されていない規制にもかかわらず、さまざまな衣料品は、一般的および通常、小、中、長と見なされるサイズで衣料品店で入手できます。

しかしもちろん、すべての人がそれらを使用できるわけではなく、それらはそれらを使用できないことに対する絶対的な不快感を明らかに生成することに加えて、他のオプションに頼らなければならない、それらのファッショナブルな衣服から完全に疎外されます。

サイズが合わないためにこれらの提案の外に感じる多くの若い女性は、自分の体に不一致を示し始めます。これは、すでに指摘したように、状況によっては深刻な食事の問題につながる可能性があり、最も極端な場合には死に至る可能性があります。

ファッションをデザインし、一般的なものを超えてサイズを拡大しないという企業による商業的決定は、より大きなサイズを作ることを意味する高いコストに基づいています。もちろん、これはささいな決定であり、これは、すべての人にサイズがあるべきであると定めている規制が満たされることを保証するために州が存在しなければならない場所です。このようにして、法律が遵守されるだけでなく、地域社会の健康にも貢献しています。

別の段落は、男性用と女性用の衣服に関して区別する価値があります

スーツやネクタイのように、男性と絶対に関係のある服もありますが、スカートやドレスは完全にフェミニンな服であり、男性には考えられません。

一方、パンツに関しては、数世紀前は明らかに男性的な衣服でしたが、今日では女性も彼らの偉大な崇拝者であると言わなければなりません。