測定の定義

アクションを測定する

測定の概念は、測定のアクションと結果を指します。彼らはそれを評価し、後でそれを売るために家の測定を行いました。一方、測定するために、特定の量をそれぞれの単位と比較するアクションが示され、2番目が最初のに何回含まれているかを知るという明確な目的があります。

したがって、より具体的には、測定とは、オブジェクトの寸法またはイベントと特定の測定単位との間の比率決定です。何でも測定するためには、物体の寸法と単位の両方が同じ大きさに対応している必要があります。

何かを測定するときは、システムを変更しないようにできるだけ注意する必要がありますが、メーター、機器、さらにはエラーが存在する可能性があるため、エラーのマージンは常に存在すると見なされます。実験的に試してください。それが可能な限り最小限であること。

測定単位として機能する標準の必要性

測定の実行を容易にするパターンは測定単位として知られており、3つの基本的な条件を満たす必要があります:普遍性(世界のすべての国で使用)、変更不可(時間の経過や測定を実行する人によって変化しない可能性があります)、再現可能

質問を容易にするために、科学者は最も便利な標準タイプの単位を集め、単位系、たとえば国際単位系(SI)を開発しました。前述の単位系は、1960年に国際度量衡総会で造られました。以下は次のとおりです。取られた基本的な大きさ:長さ、質量、時間、熱力学的温度、物質量、光強度、平面角、立体角、および電流強度。

測定の結果は、測定と呼ばれます。

この目的のために作成された測定器を介して測定を行う場合、同じ直接測定が呼び出されますが、たとえば、次のような場合に測定できる適切な測定器がないためにこの条件が満たされない場合測定対象が非常に大きいか非常に小さい場合、別の変数を計算できる変数を使用して測定を実行する必要があります。その後、間接測定と見なされます。

測定プロセスにおける測定器の関連性

また、このアクションの開発では、測定機器が通常占める主要な役割、可能な限り最も効率的かつ正確な方法でこのタスクを開発するためにこのタスクを正確に支援するツールを強調する必要があります。

それは何ですか、そしてそれはどのように機能しますか?

測定器は、測定手順を通じて物理量を購入するために使用されるデバイスです。測定単位として、パラメータまたは標準が使用され、この測定プロセスから、オブジェクトと参照単位の間の関係を示す数値が生成されます。

要件

ただし、これらの機器は、精度(同じ条件下で実行されるさまざまな測定で同じ結果を提供する機能)、精度(実際の大きさの値に非常に近い値を測定する機能を意味する)などの特定の条件を満たす必要があります。評価(機器が認識できる最小の測定値)と感度(測定インジケーターと実際の測定値の間の変位関係です。

最も使用される楽器

さまざまな大きさを測定するための多種多様な測定ツールがあります。最もよく知られているのは、定規、はかり、クロノメーター、顕微鏡、温度計、時計、カレンダー、巻尺、分度器、気圧計、速度計、気圧計、ピペット、地震計です。とりわけ。

定規と巻尺を使用すると、何かの長さを測定できます。スケールは、オブジェクトの質量の数を示します。時計やカレンダーで時間を測定できます。トランスポートは角度を測定するためのツールです。体温計で体温を知ることができます。気圧計のおかげで圧力がわかります。車の速度は、たとえば速度計によって測定されます。電流は電流計で測定されます。ピペットを使用すると、ボリュームの数値を知ることができます。地震計は、地震の強さを測定する必要がある場合に最もよく使用される機器です。