良い栄養の定義

食物は、生物が実行する基本的な基本的な活動であり、私たちが開発する必要のある本質的なエネルギーを達成するために、基本的な栄養の必要性を満たすために食物を摂取することを意味ます。

したがって、食物がなければ、生物は代謝機能を調節または維持することができず、その結果、私たちは健康を享受することができませんでした。さらに、食事が仲介されない場合、私たちは死ぬ可能性があります。

それは食物であり、生命の発達と維持にとってのその重要性を念頭に置いて、私たちは私たちに関係する概念を掘り下げることができます:良い栄養。

良い栄養とは、特に年齢に応じて、その人のニーズを完全に満たす栄養です。たとえば、子供や青年の場合は、成長に直接貢献し、発達に順応する食事を提案します。大人の場合は、高齢者がこのために必要な体重を維持できるようにすることを目的としています。貧しい食生活に関連するいくつかの状態を防ぐために、これは心血管疾患の場合であり、多くの場合、過剰な脂肪摂取に関係しています。

たとえば、朝食時に消費されるタンパク質、ビタミン、ミネラルは、人の精神的能力と知的能力に貢献するために不可欠です。学習は間違いなく私たちの脳の最も複雑な機能の1つであり、また最も重要な機能の1つであり、それを最大限に拡大するには、それを実行する前に適切な食事が必要です。

さて、朝食時に消費されるこれらの栄養素は、私たちにエネルギーと能力を提供するという意味で食事療法が効果的であるように、その日の残りの食事にも移されなければならないことに注意する必要があります。

また、良い栄養に身体活動を加えると、その人の身体的バランスが非常に良くなることは間違いありません。

良い栄養は、感情的、肉体的、社会的などの面で常に人の幸福に追加されます。