中央集権の定義

中央集権という用語は、機能と権力の中央集権化を促進するその教義をライトモティーフとして指定します。基本的に、中央集権主義は、政府の決定が独自であり、同じ中心から発せられる、つまり、決定される異なる文化や人々を考慮しない国家組織システムで構成されています

この種のシステムが開発されている地域、国、コミュニティ、地域は、政治的決定に関しては、常に中央政府から取得されます。

中央集権主義は、ラテンアメリカ諸国とフランスなどの一部のヨーロッパ諸国の両方で、現在およびほぼ世紀の初め以来、非常に長い伝統を守ってきた政府のモデルでしたが、システムは強く憤慨しており、ラテンアメリカのいくつかの国で衰退し、フランスでほぼ独占的に生き残ることができました。

この形態の政府の基本的な特徴の1つは、中央政府がこれらの連邦州の前に権限を引き受けることであり、この状況の主な原因には次のようなものがあります。連邦州にとって経済的に複雑なことであるということは、連邦州を自ら順守し、満足させる必要があるということです。かなりの数の資源、経済的および人的材料を取得する必要がある投資の必要性。これは、どの連合地域でも、最初に崩壊することなしに取得することは事実上不可能です。そして、より首尾一貫して効率的に組織化するための「はい」または「いいえ」の中央計画の必要性。

一方、中央集権主義には2つのタイプがあります。純粋な中央集権主義とは、中央集権の力の行使が排他的かつ完全に行われるものになるでしょう。そしてその一方で、すべてが行政機関または人の決定に基づくものとなる、集中化されていない中央主義

中央集権主義の最もよく知られている形態の1つは、いわゆる民主的中央集権主義であり、これはマルクス・レーニン主義の組織や政党によって観察された組織と機能のモデルです。中央集権主義と民主主義の組み合わせは、最大の組織的および管理的効率を達成するために、意識的な規律と自由の自発的な犠牲を強化します。この場合、決定と議論の両方が下から上に流れ、逆もまた同様です。