社会集団の定義

同じコミュニティで役割を開発し、相互作用する人々のセット

このレビューで私たちに関係する概念は、社会学の分野で繰り返し使用され、同じコミュニティ内で相互の役割を示す一連の個人を指定します。

社会集団の本質的な特徴

その構造化された形と時間の経過に伴う長い持続時間は、主にそれをそのように区別することを可能にする2つの特徴です。なぜなら、それを構成する人は、基本的に、同じ規範、価値観、そして同じ目的で行動するからです。決定的なアカウントでは、問題のグループの共通の福祉に貢献します。

一方、共通のアイデンティティや帰属意識がある社会集団を形成することは、エクアノムのない条件であり、この場合、メンバーが同じ社会文化的レベルを持って仕事を遂行できることは何の関係もありません。むしろ彼らが何をするか彼らが働くということは、同じプロジェクトに取り組んでいるその共通のアイデンティティです。

グループを統合して、共通の目的を達成します

社会を注意深く観察すると、一人一人が個性的で再現性がないため、大きな異質性で構成されているという結論に達します。同じ条件で一緒に育てられたとしても、2人の平等な人を見つけることはできません。とモデル、私たちはすべて異なります...一方、ユニークな人々としての個人は社会を構成し、私たちの個人的な特性でそれらを完成させます。このマクロのコンテキストでは、異なる人々であるが、それらを互いに近づける類似の特性を持っているために一緒に参加することを決定するグループが表示されます。社会的グループは通常、他の問題の中でもとりわけ、アイデアが共有されている仲間と一緒に集まり、活動やプロジェクトを開発します。

人間は常に彼を取り巻く環境と相互作用し、残りの部分に関係し、多かれ少なかれ大きくなり、もちろん異なる目的を持つグループを形成します。さて、これが起こらなければそれは実際にはグループではないので、すべてのグループに共通の使命があります。

たとえば、ある個人は同僚と社会的に交流し、同じことが好きな他の仲間と趣味を共有し、楽しみに出かける友情を維持し、高校や大学の友達を作ります。それらのすべてが社会集団を構成します。

社会集団を統合するかどうかということに関して、何が優勢でバランスを崩すかが経済的基準である場合、私たちは実際には集団ではなく社会階級を扱います。

社会集団は、社会構造の主要な構成要素であることに加えて、個人が役割と地位を実践する最初の空間であることが判明しました。グループに入ると、それを規制する規範は内部からのみ来る、つまり、いくつかは促進され、次にそれらは口述され、最後にそれらは満たされるために受け入れられます。

グループの種類

グループには、プライマリとセカンダリの2つのタイプがあります。プライマリーは家族であり、何よりも、その存在理由は、毎日の共存によって与えられます。これで確立される関係のタイプはパーソナライズされており、xの理由でメンバーが消えると、そのメンバーはかけがえのないものになります。

そして、学校、仕事、スポーツチームを含む中等学校は、親和性の問題、共通のプロジェクト、協力、そしてメンバー間の合意時の自由で構成されているという特徴があります。

グループが最後まで守らなければならない主な特徴は次のとおりです。各メンバーが役割を果たす、コンポーネント間の流動的なコミュニケーションと接触、規範と利益の存在が必要です。

社会集団を統合することの重要性

要するに、私たちはすべての人々が彼らの仲間と関係を持つ必要があると言うべきです、それは私たちが家族に生まれるのは何のためでもありません。家族から人生の友人まで、すべての社会集団は、私たちが必要なときに気分を良くし、愛し、強さ、そしてモチベーションを高めることに直接収束するさまざまな利点を私たちに提供します。グループに参加し、私たち全員が気分が良く、愛されている必要があるという自尊心と認識を高めます。

これが起こらないとき、人が一人で孤立しているとき、友人、家族、所属するグループなどがいないとき、彼は社会から彼を孤立させ、もちろん彼を感情的にする途方もない空虚と痛みを感じるでしょう困難。グループ生活はもっと耐えられ、孤独は消えます。