過小評価の定義

過小評価とは、人が物事、現象、または他の人の価値、重要性、または関連性を実際の価値よりも低く見積もる行動を指すために使用される動詞です。

接頭辞subは常に「下」を意味し、動詞の見積もりとともに、問題のオブジェクトの分析または評価が実際よりも低くなるという考えを与えてくれます。過小評価は、社会的関係に関して今日非常に一般的な現象です。なぜなら、多くの場合、人の能力や可能性は、外見などの要素によって過小評価されているからです。

過小評価という用語は、何かが実際の価値よりも低く見積もられている、または評価されていることを前提としているため、常に否定的な意味で使用されます。つまり、真の価値や重要性が与えられていないことを意味します。

試験の結果、物の価格、自然のいくつかの要素など、無数の事柄が過小評価される可能性があります。あなたが過小評価について話すときはいつでも、あなたは評価が正しくないことを意味し、その結果、観察される結果について驚きがあるかもしれません。

社会的関係の場合、身体的外観などの要素によって人を測定するときは常に過小評価が存在します。これは、特定のタスクを実行する能力、能力、および知的要素を正しく見たり推定したりすることができないためです。したがって、身体障害を持つ人々は過小評価されていますが、おそらく彼らの能力と可能性は、知的レベルで他のどの人と同等かそれ以上です。

逆もまた同様です。つまり、人は肉体的に非常に印象的または美しいため、知識人や専門家ほどのパフォーマンスを発揮できないと考えています。