意見の定義

意見があるの意見、またはその失敗を、判断、何かまたは誰かに形成されたか、発行された問題の問題の専門家によって作られた特に1

裁判所または裁判官の問題または判決について専門家が行った意見または判断

それは非常に広まった言葉ですが、実際には、その使用は司法および立法の文脈で非常に人気があります。

さて、それは通常、何かまたは誰かについて行われるすべての意見または評価に適用されることを無視または言及することはできません。たとえば、個人が別の人の性格について行うものであり、それは通常、彼の結果です。経験と彼があなたに与えた印象。

また、通常、あらゆる分野の専門家、心理学者、精神科医など、主題を徹底的に研究した人だけが知っている正確な情報を取得する必要があるときに呼び出される専門家からの意見にも適用されます。

したがって、例えば、精神科の専門家は、犯罪を犯した人が犯罪を犯したときに彼の力を完全に行使していたのか、それとも彼が何を知らなかったプロセスに支配されていたのかを分析を通じて判断することができますたとえば彼が妻を殺したときにやっていた。

たとえば、精神病の発生に苦しんでおり、第三者を傷つける行為を行うことができる人がいます。これらの場合、上記のような専門家が介入して、その人が司法プロセスに直面し、行われた行為に対して罰せられるかどうかを調べます。精神科リハビリテーションクリニックで開催する必要があります。

次に、上記のいずれかの分野において、意見は、裁判官または裁判所によって発行された判決または司法決議であり、その目的は、これらのいずれかで処理された訴訟または係属中の訴訟を終わらせることです。コンテキスト

意見の主な機能は、訴訟で対立している一部の当事者の権利または理由認識することですが、裁判官または裁判所が意見を発表すると、相手方は問題の意見の恩恵を受けません。結果を受け入れ、それを手紙に従わせてください。そうしないと、罰の対象となる可能性があります。

裁判では、誰かを無罪または有罪にすることができます

刑法の扇動で、意見はx犯罪で告発された個人を無罪または有罪判決するかもしれません。彼が非難された行動について有罪ではないと意見が述べている場合、彼はもちろん無料であり、プロセスが刑務所で彼を待っていた場合、一方、意見が彼を決定した場合、彼は自由を取り戻すでしょうが有罪である場合、現在の規制によって確立された罰則は、そのような犯罪を犯したことに対する彼に対応します。

意見の種類

意見には、有罪判決(裁判官は訴えた人の主張に好意的に反応する)、無罪判決(裁判官は被告人に同意する)、確固たるもの(意見の後にいかなる種類の控訴も受け入れられない)の4種類があります。 )そして実行可能(判決後の控訴の提出が実行可能である)。

リソース、クレーム、または控訴の提出は、裁判官または裁判所が事件について意見を出すとき、裁判所では非常に一般的で一般的な問題です。

公正であると考えたもの、無罪判決、加害者に対する有罪判決、経済的補償などを取得していない人は、上級裁判官の前に裁判官にその意見を検討し、ケースバイケースで次のように進めるよう求めます。決定を変更します。

明らかに、この新しい司法措置は、適時に得られなかった好意的な意見を得ることを目的とした証拠の提示および他の多くの措置を意味します。

また、介入する新しい裁判所または裁判官は、従われ、主張された判決を生じさせた以前のプロセスを分析しなければなりません。

その結果、裁判官が適時に下した決定を支持するか、それができない場合は、原告の要求が正しいと見なされたためにそれが有効になる可能性があります。

もちろん、この状況は司法プロセスを長引かせ、特に司法が権力の行政権によって高度に採用されている国では、対応する迅速な方法で司法を行うという目的において矛盾することがあります。

立法権によって分析され、議論され、投票され、その後、規範の性格を獲得する文書

一方、立法分野では、意見は文書と呼ばれ、立法委員会のメンバーの過半数によって分析、議論、投票、承認されます。承認されると、そのコンプライアンスを証明する構成的な立法行為と見なされます。