芸術の定義

アートを所有または関連している

芸術という用語は、芸術、特に美術に関連する、または関連するすべてのものを指すために使用されます。「フアンは研究所の芸術監督に任命されました。」

アートとは何ですか?

一方、芸術によって、世界に対して敏感な表情を表現する人間によって作られたすべての創造物が理解されます。それらは実数と虚数の両方である可能性があります。さまざまなプラスチック、音、または言語のリソースを通じて、アートを使用して、感覚、知覚、感情、アイデアなどの選択肢を表現することができます。

美しい芸術

一方、美術とは、美を表現することを第一の使命とする芸術です。建築、絵画、彫刻、音楽、ダンス、絵画、文学は、最初で最も古典的なものと見なされています。この分類からしばらくして、映画館の登場とともに、それは基本リストにも含まれるようになりました。そのため、7番目の芸術と見なされて呼ばれています。

同様に、写真は多くの人に第8の芸術と見なされていますが、反対側には絵画の延長であると主張する人もいるため、問題はまだ議論されています。また、漫画をアートとして宣伝しない人は、それが絵画と映画の間の一種の架け橋であると言うので、漫画は論争を引き起こしました。現時点では、ファッション、テレビ、広告を美術のリストに含めることについての議論はありませんが、それらは芸術と善の豊富なサンプルに見られるという事実から、何らかの形で芸術分野と見なされています。

アーティスト、創造する特別な感性

芸術作品を制作または制作する個人は、アーティストとして指定されます。したがって、アーティストは、とりわけ、作品、絵画、彫刻、音楽、ダンス、映画、写真、建造物を制作します。

これらは、作品を作成したり、活動を展開したりするときに特別な感性を持っている人々です。通常、それは生まれつきの自然な才能であり、自然に成長しますが、もちろん、この点に関しても特別なトレーニングが行われている可能性があります。

同様に、芸術家は、彼らの行動分野が何であれ、彼らが展示する芸術に固有の特定の技術を習得しなければなりません。そして、彼らが専門的な方法で芸術活動を行うことができることも強調する必要があります。つまり、彼らはそれを実践し、それは彼らの生計であり、その実現のためにお金を稼ぐか、それを怠ると、趣味としてのアマチュアの実践かもしれません、そして彼らの人生のそれらの自由な瞬間にそれをしなさい。

分野に関係なく、アーティストは常にオブジェクトの作成または対応するアクティビティの開発を求めて、美しさを生み出します。美しさ、そしてオリジナリティは、アーティストが決して脇に置いてはいけない側面であり、逆に、彼らはその探求に行きます。そして、前述のことから来るもう一つの側面は、彼らが実行する芸術を通して、感情、アイデア、概念のコミュニケーションです。

アーティストが彼の作品で開くコミュニケーションチャネルは、彼が彼の聴衆と直接コミュニケーションするのはそれを通してであるため、基本的です。

また、アーティストが時間と彼が挿入された文脈の結果であることも無視できません。アーティストは、歴史的、政治的、社会的文脈で芸術を発展させ、それはある意味で彼らの行動を構成します。それらは決してそれらから抽象化することはできません。そして、場合によっては、仕事にもこれらすべての状況が浸透するでしょう。

アートで作ったもの

他方で、芸術的な単語ものアカウントに使用されている技術と行われているもの。「これは芸術写真の展示会です。」

芸術運動

芸術的な動きは、特定の理念や目標を持っており、一定の期間(特に表現、ダダイズム、シュルレアリスム、キュービズム、)のための芸術家のグループが続いている芸術を参照トレンドやスタイルです。

これらの動きのそれぞれは、それらを前任者または後継者と区別する特定の独特の特徴を持っており、それらの多くはまた、前の動きに対する反応として生じる傾向があります。