プロセッサの定義

プロセッサは、コンピュータシステムでは、中央処理装置またはCPUを構成する回路の複合体です。

通常、プロセッサまたはマイクロプロセッサは、コンピュータまたはデジタル電子機器の一部であり、最も単純なものから最も複雑なものまで、すべてのコンピュータプロセスの「エンジン」として機能するユニットです。

コンピュータでは、プロセッサはさまざまな品質とタイプを持つことができるハードウェアデバイスとして認識されますが、一方で、システムの「頭脳」として理解される中央処理装置またはCPUに関する論理的な概念です。

ハードウェアプロセッサは通常、相互に接続された複数のトランジスタで構成された異なるタイプのシリコンボードです。一般的なマイクロプロセッサは、レジスタ、制御ユニット、算術論理ユニットなどで構成されています。

プロセッサの操作は、バイナリコードに格納された命令を組み合わせたさまざまなステップで行われます。最初に、システムはメモリから命令を読み取り、それをデコーダに送信します。デコーダは、命令が何であるか、および実行する手順を決定します。その後、命令が実行され、結果がメモリまたはレジスタに格納されます。

プロセッサにはさまざまな種類があり、それぞれがユーザーのニーズや関心に応じてさまざまな特性と機能を備えています。プロセッサは、ソフトウェアおよびハードウェア開発会社が最も参加するコンピュータシステムのユニットの1つです。これは、機器全体が正しく機能するかどうかは、その速度、効率、およびパフォーマンスに依存するためです。

プロセッサを開発するブランドには、Intel、AMD、Cyrix、Motorolaなどがあります。インテルはおそらく世界で最も認知されており、その開発は、小規模および大規模のコンピューターシステムの両方で、世界中のチームの一部です。そのスローガン「IntelInside」は、このタイプのプロセッサを搭載したすべてのシステムに存在し、多くの場合、品質を保証するものであるため、非常に人気があります。