シンボル定義

シンボルという言葉は、私たちの言語でいくつかの使用法を認めていますが、最も普及している使用法は、類推、つまり類似性の実現を通じて、または社会的慣習

類推や社会的慣習によって概念やアイデアを表す画像

つまり、シンボルは、アイデア外部化、またはその意味と類似している従来の意味の表現です

認識可能で、理解しやすく、代表的で、コミュニケーションの不可欠な部分

アイデアや概念のこのグラフィックまたは比喩的な表現は、一般に世界中で見られ、言語に依存しないため、認識と理解が容易です。これらの最も象徴的なケースの中で、世界中のどこでも完全に理解できます。白い鳩、平和の象徴、白い旗、降伏の象徴、あるいは平和の象徴、キリスト教の十字架の象徴、そしてユダヤ人の宗教の象徴であるダビデの星など。

したがって、シンボルは私たちのコミュニケーションの非常に関連性のある部分です。

協会、グループ、個人、スポーツクラブ、商標によって使用され、人々はすぐにそれらに関連付けることができます

シンボルは、グループ、協会、個人などによってそれらを表すために広く使用されているため、そのシンボルを表示すると、人々はそれらをすばやく簡単に認識できることに注意してください。

たとえば、赤十字は赤十字の国際人道協会の最も認識しやすいシンボルであり、それを見ると、シーンにこのグループが存在することを明確に示しています。

芸名の代わりにシンボルを使うアーティストもいます。

一方、国には、旗や盾など、他のと区別するためのいくつかのや地方のシンボルがあります。

この意味で、自分を識別し、名前を超えて認識できるシンボルを使用しているサッカークラブを無視することはできません。そのシンボルを見るだけで、このクラブまたはそのクラブを認識できます。これは、シールドの場合です。

そして、一般的に宗教はまた、さまざまなアイデアを表現するために素晴らしい数のシンボルを使用しています。

シンボルは、非識字および非識字の過去の文化で強い存在感を示してきましたが、識字能力のある文化や今日の超技術文化でも強い存在感を示しています。その結果、シンボルは非常に効果的な要素です。特に視覚的要素とその構造的単純さにより、知覚と記憶にすばやく固執するため、概念とアイデアを伝達するようになります。

ほとんどすべての人間のグループは、伝統、習慣、習慣、そして独自のシンボル、代表、そしてもちろんグループのすべてのメンバーによって共有されているアイデアを共有しています。

これにより、人々は永続的な関係を共有し、確立できるため、人々が集まります。

マーケティングの世界では、特にコミュニケーションと広告の関連性によって特徴づけられる過去数十年間で、シンボルは非常に重要な場所を占めています。

たとえば、商用ブランドは、ロゴを開発するために時間、労力、および多くのお金を費やします。これは、ロゴが認識されるのは一般にこれらからであり、市場にシンプルで一定かつ強力な方法で存在できるためです。

ロゴによって生み出される視覚的インパクトは非常に重要であり、あらゆる商業戦略においても非常に効果的です。これは、イメージを非常に意識している若いオーディエンスを対象としたブランドの場合に増加します。

さて、共有された集団は大きな力と影響力を持っていますが、各人は通常、自分の周りにあり、自分にとって重要な特定のオブジェクトや物に非常に独自の意味を与えます。たとえば、本や衣服の場合などです。もちろん、時計のそれらは、忘れることのできない美しくエキサイティングな記憶に関連付けられます。

化学:化学元素または化合物を支配する記号

一方、化学では、記号は、単純要素または複合要素の名前が付けられ文字または文字のセットです

同じまたは同じは以前に合意されています。

したがって、炭素は文字Cの大文字で、酸素は大文字のOで表されます。

貨幣学:コインを含むエンブレム

そして貨幣学では、シンボルはコインやメダルに追加されるエンブレムまたは図です