勇気の定義

勇気とは、危険や恐れの可能性がある状況で人が抱く可能性のある態度や感情の種類を示すために使用される用語です。恐れ、危険、パニックが存在する状況で英雄的または勇敢な方法で反応することは、自分の中にある強さに他なりません。通常、勇気の感覚は無数のさまざまな状況に適用され、この用語は比喩的または比喩的に使用して、実際の危険はないが人が自分自身に負っている状況を指すこともできます。たとえば、試験を受けてください)。

勇気と決意を持って行動する人もいれば、恐れがないことだと考える人もいます。個人が恐れを感じるのは、自分を支配することを許さない行動だと理解している人もいます。それと彼が考えることをします。必要かつ公正です。

いずれにせよ、私たちが勇気について話すとき、私たちはある種の外部の行動を扱っています。この意味で、この道徳的資質に関するアリストテレスの論文を覚えておく価値があります。私たちは勇気を持って行動することで勇気を出します。

勇気の行為

行動が勇気があると見なされるためには、前提条件が満たされている必要があります。つまり、行動の結果が否定的である可能性があるということです。誰かが上司に何か悪いことをしたことを公然と批判した場合、彼らの批判は否定的な影響を与える可能性が高いため、彼らは勇敢です。言い換えれば、勇気の行動は危険因子と関連しています。

一方、勇気の行動には、個人的な問題の解決や困難な状況の克服など、特定の目的が必要です。

すべての勇敢な行動には、成功の確率の特定の計算があるか、あるべきです

泳ぎ方がわからず、誰かを救うために水に身を投げた場合、私は勇敢な男ではなく、不合理に行動する大胆な男です。私の行動では、危険にさらされている人を助けられないからです。また、自分自身を溺死させることになります。

勇敢な行為は、アリストテレスの中間論から説明することができます。したがって、臆病と無謀の間には、勇気のバランスポイントがあります。

動物が衝動や本能によって正常に行動する状況について一定の合理性を前提としているため、人間だけが持つことができる感覚や態度を想定しています。このように、勇気は内なる意志力として理解されており、自分自身や他人の利益のために何かをするという決断も、傷ついたり命を落としたりする可能性がある状況で行われます。多くの場合、勇気は、状況が発生する恐れに対処し、それを克服し、何が起こってもさまざまな行動を取ることができる段階です。

勇敢な原型

映画や文学では、ヒーローはこの品質に関連する伝統的な原型です。 Cid Campeador、Juana de Arco、Gerónimo、Cuauhtémocなどの歴史上の人物は、勇気、勇気、勇気の例です。ほとんどの状況で、勇敢な男は彼の人生を犠牲にする敗者になり、歴史は彼を真の英雄として覚えています(たとえば、多くのキリスト教の殉教者は彼らの信念のために命を犠牲にしましたが、教会は彼らをロールモデルとして覚えています)。

時には謙虚な人々が真の英雄として行動するため、勇気は必ずしも歴史上の人物に関連している必要はありません。パラダイム的なケースは、1955年に白人男性にバスの座席をあきらめることを拒否した米国出身の控えめなアフリカ系アメリカ人であるローザパークスのケースです。法律に違反し、彼女が投獄された行動。

それは、人間の最も純粋なものの1つである高貴な感情を想定しています。なぜなら、それは、特定の目的のために自分の利益を危険にさらすことを意味します。多くの場合、勇気とは、ある種の痛みや苦しみに耐え、それに直面し、その特定の状況から可能な限り最高の結果を得ようとすることを意味します。この意味で、怪我をしたり危険にさらされている人(男性や動物)を救助する仕事や職業は、危険な状況も自分に逆らう可能性があるため、常に勇気を持っています。