演劇の脚本の定義

一般的に、スクリプトでは、テレビ番組または映画の再生のコンテンツが公開されているテキストに、必要に応じて必要なすべての詳細とともに指定されます

つまり、スクリプトは、これらすべての不可欠な指示が特定のステージングを実行することに同意する記述です。

同じ基本的な考え方はきちんと書かれており、一般的に、スクリプトは次の部分を観察します:導入、開発、結果。映画、テレビ、劇場のいずれに対応するかにかかわらず、ほとんどすべてのスクリプトでの開発は、それらの最も広範な部分であり、身体自体であり、他の人が連鎖しているものと連鎖していないもののランクの並列アイデアがあります。

以下で扱う演劇の台本は、上記のすべての一般的な特徴を尊重するだけでなく、俳優など、問題のチームのすべてのメンバーのための完全なガイドであることがわかります。監督、プロデューサー、イルミネーター、舞台美術家、衣装デザイナー、ミュージシャン、暗闇やカーテンの閉鎖を担当する人々など

演劇の台本が持つ要素の中には次のものがあります…ほとんどの演劇は2人以上のキャラクター間の会話を持っているので、台詞が主な要素であり、それは台詞に現れます。次に、演劇が分割される各部分である行為があります。その部分については、絵画は同じ装飾が現れる行為の一部です。一方、シーンは同じキャラクターが介入する行為の一部になります。

演劇の脚本のもう1つの基本的な部分は、注釈で構成されています。注釈は、キャラクターのシーンの入口と出口、態度、ジェスチャー、表現全般などの問題を示すものです。また、次元では、風景の変化、アクションが行われる場所、設定、および作品のステージングを行うすべての詳細に気付くでしょう。

そして最後の要素はキャラクターです。キャラクターは、劇のイベントを生き生きとさせる責任がある個人、一般的にはプロの俳優です。登場人物は主人公に分類され、最も重要であり、これらがなければ作品は意味をなさず、二次登場人物は重要な最初の登場人物に続き、それらに付随する機能を持っています。そして、状況的および偶発的とも呼ばれる環境的なものは、問題の作業のニーズに応じて表示されます。