大工仕事の定義

木を使って要素、オブジェクト、家具を作る工芸品とアート

大工仕事は、さまざまなオブジェクト、要素、家具を製造するために木材を扱うことに専念する作業活動、芸術として知られています。木製の家具は間違いなく世界中の人々に最も高く評価され、消費されています。なぜなら、木材は家庭用の家具を作るときに最も高貴で装飾的で暖かい素材の1つと見なされているからです。

建設における木材の普及

木材はまた、建設の要請で、つまり、開口部、タイプ、窓、ドア、または家の建設に典型的なその他の要素を作るために多く使用されます。

古くから使われている高貴な素材で、さまざまな加工が可能な木材

このように歴史はそれを証明しています、木は私たちがすでに述べた特徴のために、太古の昔から人によって使用され、時間の経過とともに実り多い産業になりました。現在、それぞれの文化と地球の各部分で、木材を扱う非常に特殊で固有の方法を見つけることができます。これにより、同じ機能を果たしながらも視覚的および美的にまったく異なる木材生産に出くわすことができます。

大工仕事で働く最も人気のある種類の木材

最も人気のある木材の中には、イナゴマメ、オーク、スプルース、パイン、ブナ、クルミ、スギ、パラナマツ、エボニーなどがあります。一方、木材はボードやスラットなどの固体大工仕事で加工できるか、それができない場合はベニヤやチップボードとして処理できると言わなければなりません。

大工仕事で使用されるツール

木材での作業には、ドリル、のこぎり、旋盤、ブラシ、ハンマー、のこぎり、プレス、ブラシなど、さまざまな要素やツールを使用する必要があります。

この用語は、ワークショップと大工の仕事も指します

また、この交易が行われ、その作業から生じる作業は大工仕事と呼ばれます。一方、この仕事に従事する個人は、一般的に大工として知られています。

キャビネット作りとの違い

キャビネット作りも大工仕事などの木材を扱うことに専念していることを強調する必要がありますが、彼らの仕事は主に彫刻、寄木細工、その他のリソースを通じて、問題の木材、テーブル、とりわけ、椅子、サイドボード。

いずれにせよ、多くの建具店で多くの建具工事が行われており、本物の家具職人である大工もいます。