ディレクターの定義

ディレクターという用語は、会社、企業、演劇会社、教育機関、サッカーチームなど、さまざまなスペース、組織、または機関の管理を担当する人を指します。

設定した目標を達成することを使命として、組織、スペース、または会社を指揮する人

その場合、その主なタスクは、指示、担当者または担当者の指示、および設定された目的の達成に向けて可能な限り最善の方法でそれらを導くことです。ディレクターは、彼が指示する活動に対して全責任を負います。つまり、物事がうまくいった場合は彼が責任を負い、うまくいかなかった場合は彼も責任を負います。

監督は主に、彼の主題のそれぞれが自分自身を最大限に活用し、したがって共通の目標に貢献するように指導します。

次に、ディレクターが責任者になります。通常、彼はコマンドと服従の関係の要請に応じて作業し、タスクまたは事業で提案された目的を達成するために実行する必要のあるすべてのことを指示、ガイド、および手配します。

ディレクターが効率的であるために守らなければならない条件

さて、この役割を効率的に行使するためには、リーダーシップ能力、カリスマ性、尊敬と受容、指示する問題における権威、そしてしっかりとした準備、共感、社会的知性、良いなどの特定の条件の提供が必要になると言わなければなりません主なものの中で、キャラクター、静けさ。

言い換えれば、良い監督になるためには、命令を下したり、指示された人たちの中に自分を押し付けるように叫んだりするだけで十分だと考えるのは大きな間違いです。私たちが述べたように、特定の特別な個人的な気質は、優れた監督である必要があります。

取締役を探す際には、上記の条件を遵守することが非常に重要です。この準備がないと、プロジェクトや会社が目的を達成することが非常に困難になり、これは会社の成功だけでなく、それはまた、職務を遂行するが本質的な特性を満たしていない人の損耗と需要を構成します。

この種のポジションにアクセスする単一の方法はありません。行政では通常、知識、経験、準備が考慮され評価されるコンテストで決定されますが、年功序列も通常決定要因ですが、この場合はその人は経験と知識を持っていますが、それに応じて実行することも非常に重要であると述べた個人的な条件を欠いています。

学校、企業、劇場、技術者のディレクター..。

企業では、取締役はゼネラルディレクターと呼ばれ会社の経営と運営の方向性に関して最高の権限を享受している人物です。通常、CEOには、彼の指揮に報告しなければならず、会社の各領域を担当する取締役会があります。たとえば、業務責任者、信用責任者、情報責任者などです。

学校では、校長の役割も非常に重要です。校長は、生徒が学習し、教師が効果的に教育の役割を果たせるようにする責任があるからです。

学校長は、チームとして働くとき、つまり、教師、生徒、保護者と対話して達成すべき目標を伝え、教育機関と一致する方法で代表することができるという特別な気質を持っている必要があります。

別のタイプの有名な監督は劇場監督です。劇場監督は、演劇の組み立てを主導、マウント、調整し、彼の機能、基準の統一、および制作の振る舞いに適合します。演出家は、演劇、衣装、照明、演技、メイクアップのすべての側面を調整し、上演される最終製品の絶対的な責任を負います。

そして、もう1つの非常に人気のあるディレクターは、サッカーチームの監督、指導、トレーニングを担当するテクニカルディレクターです。マネージャーは、選手のトレーニングに加えて、ライバルを打ち負かすための戦略を立てる必要があります。