公共サービスの定義

公共サービスは、市民間の平等を保証するために州が推進する行動、制度、または規定です。

平等の権利

国の行政は、すべての市民が同じ権利にアクセスできるようにする必要があります。このためには、教育、健康、輸送、安全保障、廃棄物処理、雇用、そして長いなど、社会の戦略的セクターに一連の公共サービスが存在することが不可欠です。明らかに、それらのすべては税金を支払うことによって資金を供給され、公務員によって管理されています。

国家の責任

公共サービスの責任者は国の行政であるが、行政が公共サービスの運営を引き継ぐために民間企業を雇うこともあるため、必ずしも公共サービスを提供するのは公営企業であるとは限らない。これは、市民が特定のサービス(たとえば、水へのアクセス)を受けることを意味しますが、エンティティが公的に所有されていることは必須ではありません。この状況は特定の論争を伴い、一部の人にとってはそれは国家の権力を民営化する方法であり、それは拒絶できるものです。民営化の擁護者にとって、民間企業を通じたサービスの下請けは、州の財源の経済的節約を前提としています。誰がサービスを提供するか(州が直接または民間企業)についての議論は別として、社会的不均衡を回避するためにさまざまなサービスへのアクセスを容易にすることの利便性については、一般的な合意があります。

公共サービスを支配する考え方は、社会的地位やその他の状況に関係なく、すべての個人の平等です。

さまざまな国で、公共サービスの概念はさまざまな機関(州、連邦、地域、地方自治体など)で指定されています。

イデオロギーによる公共サービス

リベラルまたは新自由主義のアプローチから、公共部門は可能な限り削減され、制限されるべきです。この政治的ビジョンによれば、国家は市民の生活にできるだけ介入するべきではなく、市民は彼らのニーズについて自由に決定を下すべきである。

社会民主主義の観点から、企業の経済的利益が公共サービスを儲かる活動、つまりビジネスに変えないように、国家は特定のニーズをカバーする義務があると理解されています。