自己評価の定義

自己評価とは、このタスクまたはアクティビティに利用できる自分の能力と、特に教育分野で実行される作業の質を評価することで構成される方法です。

ある分野で自分の能力や知識を評価し、評価することからなる手順

人々は、私たちが学校や大学の扇動で受ける典型的な定期的な評価プロセスに慣れています。そこでは、知識が正しく学習されたかどうかを評価するのは教師です。この手順は外部的なものです。つまり、口頭または筆記試験を通じて、または実際の作業を提示することによって、第三者、教師によって実行されます。

一方、評価は個人的なものであり、このレビューで取り上げて学習するため、各個人が実行することもできます。この方法により、人は主題について持っている知識を測定し、たとえば、それらが適切であるかどうか、またはそれを習得するためにさらに学ぶ必要があるかどうかを知ることができます。

自己評価は通常、個人、組織、機関、またはエンティティによって使用されます。これは、目標、プログラム、計画などの進捗状況や逸脱を知ることになると、非常に実用的なツールであるためです。プロセスまたはシステムの機能の改善は異なります。会社の場合、自己評価は、その運営の改善を行う責任者による詳細かつ定期的なレビューで構成されます。

その間、自分自身を評価する被験者は、自分の行動、アイデア、学んだ知識を評価するプロセスを手に取ります。

正直に行えば非常に便利なツール

このツールは、誰かに自己評価をさせることによって生じる可能性のある客観性の観点から説明されていますが、個人が絶対的な正直さでそれを実行する場合、それから生じる重要性は否定できません。これは明らかにこのプロセスの基本的な考え方です。

プロセスはどうですか?

良心自己評価は、最初に自分の行動や考えを視覚化し、次に判断することを可能にする内省的なプロセスであり、必要に応じて、是正措置を通じて設定された目標に到達しない人を罰します。

利益

アカデミックな分野では、教師がこの意味で生徒を励まし、教えることが重要です。なぜなら、生徒に自律性を与えるだけでなく、彼らが知っているかどうかを実際に想定することになると、生徒がより責任を負うようになるからです。彼らは彼らが主題を学んだかどうかを判断する人になることができる権利を与えられているので、そして明らかにこれから意識を引き出します。

一方で、分析や反映の能力など、他の問題を生徒が開発するのに役立つため、非常に有益です。

さて、これは教師が姿を消すことを意味するものではありません。ましてや、教師は生徒を指導し、ツールを提供する側にいて、教育面だけでなく個人的にも利益をもたらすこのプロセスを実行できるようになります。学生。

学校教育の文脈では、この実践が生徒の弱点と強みの両方について学ぶのに役立ち、したがって彼ら自身の認知的成果の主役になることを考えると、この実践が最大の強みを得るところです。先生は、生徒に技術の管理を紹介し、彼自身が実を結ぶことができるので、その中で基本的な役割を果たします。

同様に、直面している教育プロセスが適切なものであるかどうか、そして最大の満足を達成するための修正が必要かどうかを知るために、教師自身が自己評価を受けることが重要です。

医学:病気を早期に発見するための診断的自己評価の関連性

一方、医学の分野では、女性が推奨される自己評価の場合など、一部の疾患の早期発見に関しては、診断的自己評価が非常に役立つことがわかっています。乳がんを引き起こす可能性のあるしこりが存在するかどうかを自動検出するために、乳房の周りに配置します。

女性が定期的かつ親密に行うことが推奨されているというこの個人的な認識は、このタイプの癌の診断、治療、および治癒を扱う医学にとって非常に役立ちます。治った。

したがって、この専門分野の専門家は、患者に自宅でこの自己検査を行うように教え、異常がある場合は、患者が症例を詳細に研究するために訪問しなければならないことを示さなければなりません。

最も一般的なものだけに言及しますが、自己評価は、真剣で、思慮深く、正直な方法で、目的を持って行われる限り、自分自身を知るプロセスの不可欠な部分として、どの分野でも非常に重要であることがわかります。改善の。