ペイントの定義

芸術的絵画は美術の1つと見なされており、視覚作品を作成するための顔料やその他の物質の使用に基づくグラフィック表現として理解されています。

絵付けは、一般的には筆と筆でさまざまな要素を使って行われますが、人体やその他のほとんどすべての物体を楽器として、または最終作業の一部として使用することもできます。

顔料の中で最も一般的なものは水彩、テンペラ、アクリル、パステル、オイルであり、通常、キャンバス、紙、壁など、テクスチャと吸収の特性が異なる表面にペイントが行われます。

さまざまな技法に加えて、絵画は代表的なもの(オブジェクトの多かれ少なかれ忠実な表現を求める)または抽象的なもの(表現の正確さを追求するのではなく、象徴的なものを通して機能する)にすることができます。絵画は、その目的として純粋に美的な追求をすることができますが、象徴的、政治的、社会文化的、そしてあらゆる種類の側面を反映することもできます。生きているモデルや実際の風景を参考にして作ることも、精神的なアイデアから作ることもできます。

歴史を通して、絵画はさまざまなスタイルを通じて進化してきました。たとえば、石や岩などの表面に顔料を印刷することによって行われた先史時代のロックアートから、中世のアート、ルネッサンスの視点の範囲、そして20世紀の前衛に至るまでさまざまなコンポーネント、特性、スタイルを試した代表的な流れと抽象的な流れを備えた現代アート。

アートとは何かを決定する明確な制限はありません。同様に、絵画はキャンバス上のブラシで行う必要がないため、その範囲を拡大しますが、ドローイングペインティングと呼ぶこともできます。コンピューターを使って制作されたグラフィティやデジタルアート。