報酬の定義

このレビューで私たちに関係する概念は、私たちの言語、特に法律の分野で広く使用されており、労働、道徳、または経済面のいずれかで危害を加えられたと感じる人が要求できる経済的補償を指定します。

道徳的、経済的、または骨の折れる被害を受けたことが証明された人が受け取る経済的補償

補償があると人に与えられている補償ダメージの結果が受信されています

個人が他人に殴打されたり負傷したりすると、対応する裁判所に出頭し、攻撃した人物に対して訴訟を起こします。事実が確実に証明されれば、裁判所が賠償を決定するのが普通です。 、一般に補償として知られ、現金で構成されています。

この用語は主に法律の分野で使用され、債権者または被害者と債務者または被害者の間で実行される取引を指すことができます。つまり、個人が要求し、最終的に次のように受け取ることができる補償です。他の人または団体が彼に負っている債務のために、損害を被った、またはそれを怠った結果。

被害者は一定の金額を要求します。これは、受けた損害、または被害者になった被害が発生しなかった場合に受けたであろう利益または利益と何らかの形で同等でなければなりません。これが、一般的にこれらの場合に損害賠償について話す理由です。

補償の種類

補償には2つのタイプがあり、発生する損傷のタイプが異なります。

一方では、債権者と債務者が署名した契約に適時に規定された規則の違反があった場合に債権者によって要求される契約上の補償

そして、契約外の補償があります。これは、他の人または債権者が所有する資産に損害または傷害があり、契約がない場合に発生します。

いつ請求できますか?

補償は、債務者または侵略者の側に直接的な損害がある場合だけでなく、保険会社と契約を結んでいる場合にも要求される場合があります。

つまり、人々は、家や車などの最も貴重な個人資産の一部に、盗難、衝突、さらには火災などの不可思議なものに対して保険をかけるのが一般的です。保険会社に月額料金を支払うことにより、クライアントは前述の不測の事態の連続から個人資産を保護し、これらの請求のいずれかが発生した場合、契約会社に補償を要求することができます。適時に締結された契約書に署名された条件に従って損害を被った。

一方、労働の分野では、従業員が通常、やむを得ない理由なしに解雇された人に要求する補償を示すために、この用語はよく聞こえます。たとえば、補償の支払いを要求する場合があります。働いた年数、月数、日数。

労働法は、ある日から次の日に突然、特定のタイムリーな理由なしに解雇されたこの種の人々の事件に悩まされています。

全世界の法律は、従業員が解雇されて雇用主を訴えることができるという保護の欠如の状況を保護しており、ほとんどの場合、法律で定められた条件の下で補償を徴収することができ、応答は良好です。

人々は、自分たちの権利の一部やすでに述べた文脈で影響を受けていると感じたときに、法律によって提案されたこのリソースを広範に利用します。

いずれにせよ、損害を証明する証拠を収集することが不可能な場合があり、いずれの場合も、請求を開始する前にこれを考慮に入れる必要があると言わなければなりません。

しかし、他の人や組織による損害の委託を証明するためのすべての信頼できる証拠が利用可能である場合、法廷で好意的な意見を得るのは非常に簡単です。

弁護士は、これらの種類の請求を開始するために使用される専門家であり、クライアントに代わってすべてのプレゼンテーションを行う責任があります。

プロセスが完了すると、通常、被害者が補償として受け取るものの規定された部分の支払いを受け取ります。

また、補償という用語は、損傷が補償れるものを示すために使用されます。