商業登記簿の定義

商業登記簿は、会社に関連するすべての行為、すなわち、会社の憲法、資本の増減、管理者および実際の弁護士、合併および変革、会社の破産または清算が登録されている法制度です。 、他の機能の中で。

一方、商業登記簿では、商業書は合法化されており、企業はこれを強制的に保管する必要があります。同時に、各会計年度の勘定科目は毎年預け入れられ、トレードブックが更新されます。

マーカンタイルレジストリを実行する方法

会社を商業登記簿に登録するには、公証書を使用して登録する必要があります。ただし、管理者の選任、年次報告書の承認、会計帳簿の合法化など、会社の取締役の認証により登録が可能な場合があります。

規制を理解し、それに対応する

通常、企業の商業登記簿への登録期間は約15日ですが、状況が異なる場合もあります。それらの場所に関しては、それは各国の法律によって異なる場合があります(スペインの場合、それらは各州の首都と地理的な場所のためにいくつかの重要な場所にあります)。

各州の登録簿には、同じ州に本籍を置くすべての会社が登録されています。登録費用については、定額はありませんが、登録する会社の価値によって異なります。いずれにせよ、金額は州政府によって事前に合意されています。

商業登記簿の相談

商業登記簿の関連する側面はその公的側面であるため、それを要求する人は誰でも相談することができます。クエリに関連して、レジストリ自体で個人的に行うか、対応するWebサイトのインターネットを介して行うことができます。

取得できる情報は多様です。会社のデータ、住所、会社としての目的、所有する資本、または会社が統治する法令です。

商業登記簿に相談することは、会社の存在と状況を確認する唯一の方法であると同時に、会社を代表して行動できる人々です。

結論として、商業登記の目的は、商業活動に関連する法的確実性を保証することです。