土木工事の定義

土木工事の概念は、土木工学の結果であり、その目的のいくつかが領土組織と領土の最大限の利用であるため、国の人口の利益のために開発された作品を指定するために使用されます。

私たちが遭遇する可能性のある最も一般的な例には、道路、通り、高速道路、橋、鉄道、空港、港などがあります。これらは、車、トラック、自転車、電車、飛行機、船などのさまざまな輸送手段の循環を可能にします。下水道;領土の水資源の管理を担当する運河とダム。

上で示したように、土木工学は、この種の作品の開発における専門知識のおかげです。物理学、微積分学、力学、化学、代数、水理学など、さまざまな知識を組み合わせて開発します。これらはすべて、前述のインフラストラクチャの設計、構築、および保守に貢献します。

土木工学は、軍事工学とともに、人間が環境を改善するために作成した最も古い分野の1つであることに注意してください。実質的に人類の文明の始まりから、男性が巡回生活を脇に置き始め、場合によっては彼らが住むための保護のある場所を要求し始めたとき、土木工学の積極的な実践が始まりました、より正確には紀元前4000年エジプトとメソポタミアで

一方、土木工学を実践する専門家は土木技師として知られています。一方、彼は大学で土木工学の完全かつ満足のいく学位を取得した後、この称号を取得しました。そのように実践できるようにするための次のステップは、専門家協会からの認定を取得することです。

土木技師の雇用機会は広く、民間企業、公的機関、エンジニアリングコンサルティング会社に雇用することができます。