権力の乱用の定義

虐待は一方で、何かまたは誰かの、不適切な不公平や不適切な、過度の使用が含ま力が習得、誰かが送信していること、電源または管轄権、または失敗していることを、するアクションまたはアクティビティを実行します。

当局は、それが保持する力を利用し、部下に、彼らに何かを罰したり奪ったりするという脅迫の下で、彼らの任務に対応しないことを強制します

そして、失業やその他の利益などの脅威に基づいて、権威、上司、または指導者が部下に要求することによってその機能の行使を超えた場合、私たちは権力の乱用または権威乱用について話す立場にあります。あなたがすべきものの中にない特定の行動や活動を実行するもの

つまり、それはあなたにそれらをするように強制します、さもなければあなたはあなたの仕事またはあなたが持っている特定のライセンスの楽しみを失うでしょう。

この種の虐待の最も一般的な形態の1つは、権力の要請で正確に発生します。人が特定の決定を下し、他の人を処分することを可能にする重要な位置にアクセスすると、その影響力と権力を使用するのが一般的です。彼に部下を征服し、彼らの個人的な利益を満足させるという使命を持って彼らに特定の活動を実行させる彼らの立場を与え、それは彼らが雇われた職務とは何の関係もありません。

このタイプの虐待は、階層に関連して異なる場所にいる2人の間で常に発生します。

言い換えれば、上司は部下を虐待し、公的機関は、他の例の中でもとりわけ、彼らが占める地位が彼らに与える力を持っていないために不利な立場にある人々に対して同じ行動を実行します。

政治、仕事、家族などの状況で発生します

一方、権力や権威の乱用は、職場、政治、家族など、さまざまな状況で発生します。

さて、文脈がどうであれ、偶然の一致は、権力を握っている人は誰でもそれを示して、劣悪な状態にある人を征服し、したがって提案された目的を達成するということです。

さまざまなメカニズムが使用されていますが、最も一般的なのは身体的および口頭の脅威、そしてもちろん身体的暴力です。

後者はしばしば部下の死を伴う悲劇的な引き金を引く可能性があります。

政治では、当局が野党から誰かを脅迫し、彼が非難を止めなければ逮捕するときによく見られる行動です。

そして家族では、同様に、権威の乱用は一般的です、例えば、父親から息子へ、父親は彼が悪い成績をとった場合、そしてまた配偶者の間で彼を罰します、特にこの状況は両方のどちらかが弱い場合に発生しますその他、従順な態度を持っています。これらは通常、夫を離れる資源がないためにあらゆる種類の暴力に耐える多くの女性の場合です。

この最後のタイプの虐待は、今日、ジェンダーに基づく暴力として知られており、最近では、事件の数だけでなく、暴力のレベルも増加していると言わざるを得ません。

たとえば、世界の多くの国では、女性の配偶者の殺人罪は終身刑に処せられたことが証明された人に判決を下し、殺人罪に分類されています。

国家の治安部隊で働く一部の個人は、特に暴力の使用とそれに対応する帰属を超えた場合に、権力の乱用を被ることが非常に頻繁であることが判明しています。

公安部隊による権力の乱用のいくつかの明確な例は次のとおりです。彼らが正当化せずに、そしてそれを許可する裁判所命令なしに個人を逮捕したとき、彼らが逮捕された個人を殴打して彼が関与していると信じられる犯罪を告白したとき、または被拘禁者が、他の可能性の中でもとりわけ、彼が告発されていることから身を守るために弁護士と連絡を取ることが許可されていない場合。

権力の乱用は、世界のほとんどの法律で犯罪として犯罪として分類されている望ましくない行動であり、そのため、「それを行使する者には罰があります。