学業成績の定義

学生が学んだ知識を測定することを可能にする評価

学業成績は、教育分野でのみ使用される概念であり、さまざまな教育機関および対応するレベルで、初等、中等、大学が適切な専門家によって実施され、によって学んだ知識を正確に評価する評価を指します。学生。

問題のコース全体で評価を受けた後、成績が良好で満足のいくものである場合、学生は良好な学業成績を収めていると見なされます。それどころか、試験後に得られた成績が最低承認レベルに達していない場合の学生の学業成績の悪さや低さについて話している。

あなたの目標:成功した学生の学習を確認する

そして、学業成績の主な課題は、教えられた内容に従って生徒が学んだかどうかを知ることです。さて、パフォーマンスは、生徒が提示する能力について教えてくれるだけでなく、教師が教えていることを理解できるようにするだけでなく、生徒が教育に関して提示する素因の完全なアイデアも提供することを強調する必要があります刺激。

教育パフォーマンスに影響を与える要因

一方、このパフォーマンスでは、良いか悪いかにかかわらず、多くの問題が影響を及ぼし、影響を与えるのは、クラスに参加してテストをうまく実行するためのレッスンを学ぶことだけではなく、それだけでなく、関係するだけでなく多くの要因がありますこの点で良いまたは悪いパフォーマンスを持っていることを研究します。

その中でも、教科の複雑さ、教育能力の低い教師、同時に多くの教科を要求すること、生徒の無関心と気晴らし、個人的な問題による授業への出席率の低さなどが主な問題です。

学業成績の目標は、各生徒の成績の客観的かつ具体的な尺度を達成することです。目的は、気まぐれなメモや不協和音を配置することではありません。この評価ツールを通じて基本的に求められるのは、生徒が内容に応じて、明日はどんな状況でも満足のいく演奏ができるようになるからです。

それは知性の指標として取られるべきではありません。学んだ知識を測定するだけです

そして最後に、学業成績は誰かの知性の尺度ではないことを無視することはできません。突然注意欠陥に苦しむ非常に有能で知的な子供たちがいて、これは彼らの学業成績に直接影響を与える可能性があるので、それはそれから遠く離れて、知性の欠如の兆候ではありません。