労働災害の定義

事件があり、それはやっていたとして完全に正常に発達からそのコースとコース妨げるの状況を変更するには、原因それが伴うという意味合いに、問題の過程で発生し、それが力を持っているもの

イベントの通常のコースを変更するイベント

最も一般的な事件の中には、2人以上の人々の間の戦いや戦い、またはそれに失敗したグループが挙げられます。グループは、何かに同意しないために衝突し、そのような対立は口頭または身体的暴力、あるいはその両方につながります。

また、火災や地震などの予期せぬ出来事は、物事の通常の進路の平面を変え、もちろん深刻な被害と悲惨な結果を引き起こす事件と見なすことができます。

インシデントの重大度に応じて、開発されたアクティビティを再スケジュールするか、すべてを新しく開始する必要があります...

次に、インシデントはさまざまな状況や状況で発生する可能性があります。最も一般的なものの1つは、このレビューで私たちを占める作業範囲です。

求められていないが、作業タスクの開発中に発生し、労働者の健康にわずかな影響を与えるイベント

一方、職場では、労働災害は望ましくない出来事であるか、通常行われている作業活動の通常の実行中に引き起こされ、問題の労働者の身体的損傷、怪我、職業病につながる可能性があります。

このような状況から、労働災害は労働災害の場合のように労働者に特定の怪我や病気を引き起こさないため、ニアミスやホワイトアクシデントと呼ばれることがよくあります。労働災害、すべての状況が組み合わさって事故が発生しましたが、最終的には発生せず、死亡や生涯労働不能など、労働者に深刻で不可逆的な損害を与えることはありません。

労働災害との違い

一方、労働災害は、会社の通常の業務を変更し、労働者に特定の傷害を引き起こすイベントです。これは人為的ミスの結果である可能性があります。たとえば、作業員がいくつかのガラスの箱を手に持っていて、道路の階段が見えず、つまずいて、箱の中身を足に完全に落としたため、いくつかの原因が発生しました。それらをカットします。または、それが失敗した場合、それは機械的なエラー、つまり、従業員の事故を引き起こす機械の構造的または機能的な欠陥である可能性があります。金属製のカーテンの留め具が外れ、作業員に落ちて数回の切断が発生します。

ある意味で、労働災害は、セキュリティ対策が極度に行われ、労働者と雇用者が仕事のリスクを認識できるようにするための注意の呼びかけであると言えます。

どんなにセキュリティ対策を講じても消せない、それぞれの活動に伴うリスクや危険を超えて、インシデントを軽減するための適切なセキュリティ対策と手段があれば、明らかに減少すると言わなければなりません。インシデントの可能性、およびそれらが発生した場合、その結果は間違いなく最小限に抑えることができます。

極度のセキュリティ

労働災害の深刻さを考慮し、事故が事故に変わるのを防ぐために、同じ企業、政府機関、その他の専門機関は、特に近年、効果的な予防策の開発に専念しています。これには、この種のイベントを完全に根絶するためのトレーニングと労働条件の改善、および各活動が示す安全プロトコルが守られているかどうかを効果的かつ現場で判断するための職場での多くの管理が含まれます。

明らかに、サラリーマンは、建設労働者が通常影響を受ける深刻な危険にさらされることはありません。

後者は、それが示す危険な活動のために、より多くの事件に苦しむ可能性があります。

もちろん、管理業務のみを行うオフィスに座っている人は、先験的に苦しむリスクはそれほど多くありません。