主題軸の定義

教育計画では、教師は一定の一貫性を持って知識を整理する必要があります。そうしないと、さまざまなトピックが関係なく提示されてしまいます。この意味で、主題軸は、さまざまなテーマに特定の統一性をもたらす基本的なスクリプトとして機能しますが、いくつかのつながりがあります。

主題軸は、コンテンツと関連分野のセットです。このように、各調査領域はすべて同じ平面または軸を共有しているため、他の領域と関連しています。知識を順序付けて理解するこの方法は、さまざまな主題を結び付けることができるため、特に役立ちます。

教育計画の観点から、テーマ軸のアイデアは、さまざまなモジュールで学習プログラムを編成し、学生の学業成績を評価するのに役立ちます。教育用語では、主題軸のアイデアは、教育と学習のプロセスにおける方法論的および教訓的な問題の基本的な側面を構成します。

要するに、それは何を教えるべきか、そして知識の異なる領域がどのように組織されるべきかを知ることについてです。

2つの実例

学生は数学の分野で知識を習得する必要があり、これらは次の分野によって形成される主題軸で提示されます:幾何学、統計学、代数、微積分。

統計では、学生は、図の解釈、変数の分析、確率の基礎など、特定の内容に精通している必要があります。

幾何学では、学生はさまざまな幾何学図形の面積と周囲長の計算についての知識と、デカルト平面についての知識を持っていることが期待されます。

代数と微積分の分野では、自然の集合、数列、極限などに関する内容があります。

国の地理の研究では、次の主題軸を使用できます。物理的地図と政治的地図の定義と例、自然の要素、経済の要素、インフラストラクチャ、および人口に関連する側面。

主題軸の概念は、美術館での教育プロジェクトに有効です

ほとんどの美術館には、一連の主題に関する知識が伝達される教育的アプローチがあります。

自然科学博物館への訪問者は、次のテーマ軸によって順序付けられたいくつかの教訓的な内容を観察することができました:生物の分類、生命の基本単位としての細胞、およびさまざまな形態の生殖。主題軸のこの例では、訪問者が知識を吸収するときにパターンに従うことができます。

写真:Fotolia-rwgusev