香りの定義

アロマという用語は、嗅覚を通して男性と動物の両方が検出できる匂いやエッセンスを指すために使用されるものです。私たちがアロマについて話すとき、私たちは主に、自然と人工の両方のさまざまな要素または製品から来ることができる心地よい香りを指します。香水業界の重要な進化のおかげで、今日では、無限のものの香りや匂いを模倣または再現して、それらをユニークで特定の混合物に変えることが簡単にできます。

香りは、嗅覚系を通して検出される要素です。このシステムは、主に鼻とそれが持つすべてのセンサーの操作に基づいており、情報を脳に伝えて処理し、存在する香りの種類を識別できるようにします。前に述べたように、香りは、一般的にネガティブまたは不快な匂いが意味するものとは対照的に、常にポジティブまたは心地よい匂いです。香りが心地よいという感覚には有機的または自然な要素がありますが、多くの香りや匂いは文化的な理由に基づいてそのように分類されます(たとえば、人間の鼻に不快な特定の匂いは文化的な問題のために動物にはそうではありません)。

香りは、言及される要素のタイプに応じて、強度、耐久性、香り、および成分が異なる可能性があります。したがって、花の香りは、食事や調製品の香りよりもはるかに柔らかく、壊れやすい可能性があります。香りは多くの無限の方法で組み合わされて、ユニークで比類のない香水を作り出します。香水業界や研究所には真のアロマを模倣したエッセンスがあるため、このプロセスはほぼ完全に化学的に実行されます。