記号論の定義

記号論は、コミュニケーションの研究の一部である科学の1つです。記号論は、コミュニケーションのために人間が生成するさまざまな種類の記号や記号、およびそれらの意味や記号を分析する責任があるためです。記号論は、多くの場合、記号論と同等であると理解されています。

人間はコミュニケーションをとる際に、ある種のメッセージを投影する手段となる無数の種類の記号や記号を使用します。話したり書いたりするときも、画像を記号として確立するときも、人間は特定の受信者にメッセージを送信し、通信することができます。言葉でさえ、文字である記号で構成されており、人の頭に残っているアイデアを書面または口頭で海外に伝えることができます。

シンボルは、特定の受け入れられた意味を持つことができます(たとえば、交通安全教育に使用される標識が持つように)だけでなく、各個人が経験、状況、感覚、知識に応じてシンボルに与える特定の意味を持つこともできます。記号論の仕事は、この種のコミュニケーションを正確に分析することです。意味は文化から文化へ、社会から社会へと変化する可能性があり、ここで人類学や考古学などの科学も活躍します。

記号には常に何らかの意味があり、場合によっては多かれ少なかれ明白になる場合があります。儀式、儀式、イベント、さらには最も日常的で通常のものなどのスペースまたは状況は、記号論が各コミュニケーション行為の背後にある、各メッセージ送信の背後にある意味を行動および分析するためのスペースとして機能します。シンボルは、宗教、芸術、医学、軍事世界、経済学、数学など、多くの分野で使用されています。