確証の定義

「確証する」という言葉は、さまざまな種類の証拠を使用して、状況、事実、イベント、または現象を検証する行為を指します。何かを裏付ける行為は、特定のイベントまたは事実が特定の方法で発生したことを検証するために、適切でなければならない証拠を提供することを意味します。

証拠を通して事実を確認し、確認する

これは、一般に第三者に対する事実、ことわざ、または状況の確認であり、批准を目的として、質問された質問を確認します。裏付けがあれば、あなたがやろうとしていることは、あらゆる種類の疑問を解決することです。新しいデータや議論によって、疑問視されていた意見や理論が支持されます。

一方、問題を明確にする目的が正確に求められる無数の文脈や状況で使用できる用語です。

人間が実行するさまざまな活動やタスク、または私たちが肯定するそれらの質問において、私たちは、彼らに質問することになる誤解から、エラーを被ることを免除されません。

したがって、確証が行うことは、何かの周りで発生する可能性のある疑問や懸念を排除することです。しかし、理想は、この確証が、言われたことにもっと信憑性を加える特定の貢献と要素を伴うことです。

司法の分野など、特定の状況では、裏付けとなる行動は、裁判官や裁判所の場合のように、問題の当局に提示されたときに作品または声明が有効になることを意味します。

たとえば、犯罪行為の目撃者は、介入する警察当局の前で、そのような人が犯罪を犯したことを宣言し、次に、言われたことを確認し、責任者に対するプロセスを開始するために、目撃者は裁判官の前でそれを確認する必要があります事件の。

科学的プロセスの基本的な部分

一方、確証は科学研究プロセスの最も重要な部分の1つですが、同時に、日常生活のあらゆる領域または領域で発生する可能性のある行為です。

調査内で何かまたは確証のインスタンスを裏付けることについて話すとき、私たちはそのようなプロセスの最も重要な瞬間を指します。これは、分析対象の調査対象に対して、前述のすべてが有効であるか重要であるかが検証されたときに存在するためです。この意味で、確証の話があるときはいつでも、月の満ち欠けが起こる方法や犯罪が行われた方法など、特定の現象について以前の仮説や理論があると想定されます。

確証段階は、既存の証拠の検索と分析に基づいて、それらの以前の理論またはアイデアをサポートまたは無効にします。したがって、確証は調査プロセスの最終段階です。

理論を裏付けるために、通常、実験から検証できる、または破棄できる予測が確立されます。これにより、理論が無効になります。

確証は、現実の事実についての推測の定式化を提案する科学的方法のフェーズであり、提案されたものを確証または反論することになる証拠の厳密さにそれらをさらします。

この確証活動は、調査や分析のプロセスを経ることなく、人間の生活のあらゆる側面で、単純なものから最も複雑なものまで、発生する可能性があります。したがって、購入後に受け取ったお金を数えることで、変更が適切に行われていることを裏付けることができます。また、試験を受けて結果を受け取るなどして、学業成績を裏付けることもできます。したがって、何かが想定どおりであるかどうかを知る必要があるときはいつでも、確証が重要です。