座標定義

座標という言葉は、2本の線が交わる点を指すために使用され、その点の正確な位置を示すことができます。幾何学では無限の線が各点を通過すると考えられているので、特定の点でそれらの2つを結合することで、より明確な定義に近づくことができます。座標は、数理科学やそれを補助として使用できる他の科学の非常に重要な要素です(たとえば、最も明確なケースは、座標のアイデアを使用してマップ内の特定の場所や領域を特定する地理学の場合です)。

1つまたは複数の座標の存在を確立するには、水平線と垂直線の2つの異なるタイプの線を結合するテーブルを作成する必要があります。これらの線の2つが交わる点が、座標を見つける点になります。通常、地図などの平面の座標について話しますが、線の結合が存在し続けるため、3次元画像にも表示される可能性があります。 2次元平面について話すとき、水平線はx空間に配置され、垂直線はy空間に配置されます。 3次元では、前の2つの次元と交差するz次元が追加されます。

座標の作成方法とマーク方法に応じて、多かれ少なかれ具体的な座標にはさまざまな種類があります。また、これらのタイプはそれぞれ異なる用途に使用されます。従来の、または最も一般的な座標はデカルト座標であり、互いに交差するデカルト軸の存在から組み立てられます。次に、極座標、円筒座標、曲線および曲線八角形、球形、そして最後に、一般の人々に最もよく知られている地理座標があります。それぞれのタイプは、スペースや場所を具体的にマークするという目的に最も適したフィールドで使用できるようにするさまざまな可能性を示しています。これらのタイプの座標のいくつかは実際には非常に複雑であり、それらが使用される特定の知識分野の科学者にのみ知られています。